【アシェット買取実績】「1/24国産名車コレクション」43点(MR2、ベレGなど)を山梨県甲府市より宅配買取にてお譲りいただきました

先月新たにアシェットからトヨタ2000GTが創刊されました。3号分だけですでにリトラクタブルヘッドライトのギミックで遊べると聞いて、申し込んでしまおうかどうしようか非常に悩んでいます。総額19万7,400円・・・。むむむ。

本日は山梨県甲府市のお客様より宅配にて買取いたしましたアシェットの人気シリーズ「1/24国産名車コレクション」をご紹介していきたいと思います。

 

「1/24国産名車コレクション」は2016年に創刊し、現在も刊行中です。

2022年2月7日現在で150号までのラインナップが発表されており、最終号が140号から180号まで延長されました。創刊時は70号までという発表だったのですが、今回で3回目の延長です。

アシェットからは「1/43国産名車コレクション」というシリーズも過去に発刊されており、延長に延長を重ね最終的には320号で終了となりました。ちなみに1/43の方も最初は60号までの予定でした。

もしかしたら「1/24国産名車コレクション」も300号超えするかもしれませんね。。。

▶1/43国産名車コレクション116点の買取ブログはこちら

 

この中から今回は1点だけピックアップしました。

TOYOTA MR2(1984)

37号付録の「TOYOTA MR2(1984)」です。

MR2といえば個人的にはヤングサンデーで連載していた「オーバーレブ!」の主人公・涼子が乗り続けたミスター(AW11)の印象が強い憧れのクルマです。

昨年2021年10月にヤマダデンキ限定トミカのMR2が発売した時は凄まじい競争率だったと聞き及んでいます。なぜヤマダデンキがMR2?という疑問は未だに晴れませんが、限定品だからという理由だけでなくMR2が今もなお愛され続けているからこそのチョイスだったのでしょう。

アシェット名車コレクションでは74号でMR2(1989)が再登場します。どちらもクオリティが高いので、MR2だけ購入したという声もちらほら。地域によっては結構手に入りにくかったようですよ。埼玉の辺境の地でも見かけなくなるくらい。定期購読でなく書店でゲットできた方はラッキーでしたね。

中古市場ではわりとずっとプレミア価格でむしろだんだんと高騰している気配が見えます。。。

 

 

▼その他の名車たち

Prince Skyline 2000GT-B(1967)

恐れ多くて私には語れません。

 

Honda S600 Coupe(1965)

無理です。語れません。

 

Isuzu Bellett 1600GT typeR(1969)

通勤時にクレイジーケンバンドのプレイリストを聞きながら思い浮かべるは白のベレG。トラックメーカーのいすゞが元気だった時のベレット。いつかまた、いすゞの乗用車に乗れる時代が来るといいですね。

 

 

以上アシェット1/24国産名車コレクションでした。最後までご覧いただきありがとうございます。

カートイワークスは全号揃いから刊行途中、完成品まで幅広く分冊百科を買取いたします。

▶分冊百科 買取価格表

▶アシェット買取価格表

皆様の大切にされてきたコレクションは、是非専門店の弊店にお任せ下さい。
初めての方にも安心してご依頼いただけますよう事前の無料お見積りをご利用ください。

▶買取申し込みフォーム:売るという意志が固まっている方はこちらからお申し込みください!

▶かんたんLINE査定:写真を送るだけ!チャット形式で金額がわかる!

▶フリーダイヤル:0120-329-101(受付時間:10~20時):スタッフに直接相談!

 

2022年2月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。