【宅配買取】アシェット『隔週刊 国産名車コレクション1/43』ブリスターパック116点を岐阜県岐阜市よりお譲りいただきました

2006年に創刊し、史上最長の延長期間となった『隔週刊 国産名車コレクション1/43』(アシェット)のブリスターパックを116点お譲りいただきました。

本来ならば60号までの予定のはずだったのですが320号まで延長され、終了したのは2018年。しかもいきなりBMWが投入されてからはほぼ隔回の勢いで"外国産"名車でした。国産…とは…?( ^ω^)

ぶっちぎりの仕様変更の多さだった『国産名車コレクション1/43』ですが人気の高さはアシェットコレクションシリーズの中でもトップを誇り、延長中の2016年の『国産名車コレクション1/24』も創刊しました。
こちらももともとは100号予定のはずが、既に「140号まで続く」とアシェット編集部の方が話していますので(*1)、長期延長するものと考えておいたほうがいいですね。

(*1)オリコンニュース「累計410号「分冊百科」の人気シリーズ「国産名車コレクション」 “立体の図鑑”を作るアシェットの矜持」

▶『国産名車コレクション1/24』の買取ブログはこちら

 

まずは85号に付属していた日産フィガロ。昔乗ってましたよ~。丁度このスモーキーなブルーカラーでした。2年弱しか販売していなかった為かあまり知ってる人いないんですよね。なので、ミニカーの製品化もあまりされず、ホビージャパンと京商から少し出ていたくらいです。あとチョロQ。

個人的には思い入れのある車なのでコレクションに加えたかったのですが、中古でも高いし、やすいものだと実写では見たことが無いような色になってしまっているとかでなかなか納得行く状態のものが見つからず。
そんな時に国産名車コレクションのラインナップに居るのを見かけて、当時予約して購入しました。

ちなみに、現在刊行中の1/24の方の国産名車コレクションにもラインナップに入っていましたので、反響は良かったのかと思いますので京商からまた再生産してほしいです。

 

TOYOTA コロナマークⅡ(1968)

SNS界隈では新型コロナと聞いて「マークⅡがまたコロナの名前を冠して、新しいモデルでも出すのか?」とか「昔トヨタからコロナという車で出ていてだな」と言う方も続出していましたね。
不謹慎な話ではありますが、トヨタのコロナを知る世代としては、コロナと聞いて思い浮かべるのは自動車の方でございまして。コロナはまだ数ヶ月程度ですが、車の方は50年以上の歴史があって共に歩んだ年月も長いので少し気持ちはわかります・・・。

さて、こちら国産名車コレクション1/43のコロナマークⅡは初代のT60型。その他にも3代目エクシブもコレクションとして発売されました。ちなみにトミカ50周年記念で販売されたコロナマークⅡはハードトップのT70です。

宿敵ローレルやスカイラインとの争いにも勝てたのは細かな「そうそう、それだよ!」と言わんばかりのこだわり細かさ。輝きのあるメッキパーツや滑らかな曲線の豊満なボディ。「若い獅子のように美しく」というキャッチコピーの通り、重厚感とフレッシュさ、そして躍動感のあるコロナマークⅡは憧れの車でした。

国産名車コレクションは実物を寸法してデフォルメを加えて製品化されていますが、印象の再現度はかなり高いと思います。

 

今回は箱や冊子もございませんが、ブリスターパックはすべて未開封状態でございました。
ミニカーがほしいから冊子は不要という方は結構多いかと思います。既に箱も冊子も処分されてしまっていても、カートイワークスならお買取に問題はございません。パック開封済みでも買取しております。むしろ大歓迎です

懐かしい名車が320台も付いてくる『国産名車コレクション 1/43』。すでに刊行は終了しておりますが、まだまだ続いてほしいというお声もよく聞きました。その一方延長延長でヘイトを募らせる声も・・・?また、スポーツからセダンからファミリーカーまでいろんな種類がございましたので、全部はいらないという方も多かったと思います。
抜けがあっても、全部揃ってなくても、処分を検討されておりましたら一度カートイワークスまでご相談くださいませ。


カートイワークスではデアゴスティーニやアシェットなど「分冊百科」を買取しております。

「増えすぎてそろそろスペースが厳しくなってきた」、「途中で集めるのを挫折してしまった」という方からもご相談をお寄せいただいております。

詳しい買取情報は「分冊百科買取ページ」より御覧ください。

まずはいくらで売れるのか知りたい、とお考えの方は車好きスタッフの揃ったカートイワークスまで気軽にご相談ください。皆様からのお問い合わせ心よりお待ちしております。
カートイワークス ミニカー 買取ご依頼フォーム

2020年3月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。