【宅配買取】ウイリスジープ、カーゴトラックGMC CCKW 353、M7自走砲 プリーストなど北海道千歳市の方よりお売りいただきました


こんにちは。カートイワークスラジコン買取スタッフです。先日ですが、北海道にお住まいの方よりミリタリー系や戦闘機などのプラモを複数お譲りいただきました。カートイワークスへのご依頼ありがとうございました。

早速お売りいただいたアイテムの紹介をしていきます。

 

トミー/イタレリ M7 プリースト


 

砲兵の自走化を目指すアメリカ陸軍兵器局が開発し、運用されていたM3中戦車のものからM4A3中戦車のものに変更した背景をもつのが今回紹介するM7B1になります。
また、M7B1の前身になるM7の問題点であった弾薬ケースの誘爆のが危惧されていました。

M7B1はそんな不安視されていた部分が改善されたものとしてリリースされた背景をもっています。

イタリアを代表するプラモデルメーカーのイタレリ製のキット。

第二次世界大戦時に活躍した戦車などのキットも多く、シャープで繊細なモールドが特徴になっております。

 

トミー/ピアレス カーゴトラックGMC CCKW 353


164インチ(4.24m)のロングホイールベース(LWB)のGMC CCKW 353。

第二次世界大戦ではアメリカを代表する軍用トラックであり、その中で最も多く差生産されたとされるカーゴトラック仕様。

M36機関銃リングマウントが付属しており、本物のGMC CCKW353に似てキットにも拡張性が高く、カーゴトラックも個性の出るキットの1つになっています。

有名な戦争映画の『フルメタルジャケット』にも出演しており、FPSなどの戦争を題材としたゲームにも多く出演されることがあります。

(前身である352モデルの方がよく出ますが・・・)

トミー製のキットになっており機銃と射手の兵士も付属しております。

これらの型のカーゴトラックは汎用性の高さから多く使われていたこともあり、兵士たちからはジュース・アンド・ハーフ(21/2㌧のこと)ジミーと呼ばれて親しまれていました。

 

バンダイ/ウイリスジープ


第二次世界大戦において、連合国軍の軍用車両として幅広く運用され、
高い耐久性と悪路における優れた走行性能で軍事戦略上でも多大な成果を挙げているとされている小型四輪駆動車がJeepと言われております。
また、はじめて実践投入された小型四輪駆動車の始祖とも言われてます。

 

現代においてもJeepは悪路や山道での走行に信頼性が高いのも納得がいきます。

ウイリスジープの名称であるウイリスは製造メーカーであるウイリス・オーバーランド社から取られており、キットにも当時の名残が随所に見えます。

 

パッケージには合併前の懐かしいロゴが記載されています。

バンダイのロゴについても今とは大分違っておりますが、トミーはプラモを製作してませんでした。

海外の製作会社をトミーが日本で販売していた痕跡が、パッケージロゴに残っております。

※中段はPEERLESS(ピアレス)製で、下段はITALAEREI(イタレイ)製になります。


今回のご依頼ではバンダイやトミーのプラモデルをはじめ、多数のキットをお売りいただきました。当社でも最近のミリタリープラモデルの買取依頼におきまして、海外メーカーキットを見かける機会も増えております。

カートイワークスでは国内外問わず、プラモデルを積極的に買い取りを行っております。いただいた情報をもとに、プラモデル買取専門スタッフから買取金額の見積もりをご連絡いたします。もちろん他社様との相見積もりも大歓迎です。お気軽にご利用ください。

ミリタリー・戦闘機プラモデルの整理でお困りの際はカートイワークスまでお任せください。

カートイワークス ミニカー 買取ご依頼フォーム

LINEでの査定はこちら↓↓↓

無料! 簡単! LINE査定

The following two tabs change content below.
カートイワークス 買取部

カートイワークス 買取部

主に乗り物系ホビーの買取情報、キャンペーンやイベント情報など紹介しています。

2020年11月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。