静岡県静岡市より宅配買取にてトミカ(日産車系)をお譲り頂きました

    先日は、静岡静岡市のお客様より多数のトミカを宅配買取させていただきました。

トミカ多数

 写真は一部になりますが日産ファンの方であるようで、スカイライン誕生50周年記念シリーズのトミカや日産のモータースポーツ部門のNISMO車種を集めた「NISMO TUNED CAR Series」等、

20 スカイライン2000GTターボトミカP‘スカイライン仕様

20 スカイライン2000GTターボトミカP‘スカイライン仕様

 特注の『スカイライン2000GTターボ』トミカP’スカイライン仕様もございました。箱がそっけなく文字だけなので異質ですが、それが逆に特別感を演出していてコレクター魂をくすぐります。
 いろんな日産車を眺めていますと、曲線が綺麗で思わずうっとりしていしまいます。そういえば、アニメ『輪廻のラグランジェ』のロボットデザインは日産が手掛けていたのですが(コラボ車もでています)、あの作品のロボットもとても曲線が美しく、視聴中にうっとりしていた記憶があります。特別サイトにて、今でもデザインのコンペの作品や製作レポートが閲覧できますので日産の車以外のデザインのお仕事として覗いてみると、日産のデザインのキモや理念が分かったりして面白いかもしれません。

 

トミカ NISMO TUNED CAR Series MARCH S-tune

トミカ NISMO TUNED CAR Series MARCH(マーチ) S-tune

 NISMO仕様の「MARCH」、丸こっくて可愛いです。個人的にこういったデザインがかなり好きなので、このデザインでパワフルな走りをされちゃうとメロメロになってしまいます。コンパクトな車が爆走する画には浪漫が詰まっています。

トミカ BNR32スカイライン〈伊藤修令バージョン〉

トミカ BNR32スカイライン〈伊藤修令バージョン〉

 そしてさらにこちらのスカイライン、長野県にあります「プリンス&スカイライン・ミュウジアム」にて記念発売されたオリジナルトミカです。スカイラインの開発に初代から携わっている2代目名誉館長の伊藤修令さんが実際に乗っていたバージョンをモデルにしたものになります。黒で統一された車体の横に入っている「SKYLINE」のロゴがとてもカッコイイです。この博物館のある場所の眺望が「スカイライン」という名前の原風景になっているので、パッケージの画像を眺めているだけで颯爽と走るスカイラインが浮かび上がってきます。(過去のスカイラインの買取情報はこちら

 

トミカ 47-1セドリックワゴン 日産サービスカー仕様

トミカ 47-1セドリックワゴン 日産サービスカー仕様

 続いてこちらは、修理に来てくれるサービスカー仕様の「セドリックワゴン」です。セドリック系列のサービスカーはこの赤、青、白の配色になっていて、この配色だとフランスの国旗を想起してしまうのですが、「セドリック」の名前の由来である世界名作劇場にてアニメにもなった『小公子』がフランスの小説ですので、それをイメージしているのでしょうか? 遠目からでもバッチリ視認できる色合いなので困った時に呼ぶ車としては分かりやすくて良いですね(ちょっと目立ちすぎな気もしますが)。

 こうやって眺めていますと車種ひとつとっても歴史あり。と感慨深くなってしまいますね。

 この度は色々な日産の車種を眺めて、日産の歴史に浸ることができるコレクションをお譲りいただいてどうもありがとうございました。

 

カートイワークスは今回のような宅配買取の他にも、関東・長野・山梨・静岡エリアを中心に全国出張買い取りにお伺いしています。

お部屋のお片付け・コレクション整理、趣味換えなど、ミニカー、 トミカを売りたい売却したいとお考えになった際は、是非一度ご相談下さい。
箱なし、傷アリ品でも買取りOKです。
専門査定士のいるカートイワークスがその価値を見出します。トミカやミニカーがたくさんでどうしていいか分からない時は、ある程度まとめたお写真で構いません。
LINEやメールでお送り頂ければ、無料でお見積り査定致します。
LINE査定はこちらから、メールフォームでのご相談はこちらから。
お気軽にご相談。ご依頼下さい。お待ちしております。
カートイワークスのトミカ買取り実績 / ブログも合わせてご覧下さい。。

The following two tabs change content below.

ホーガンMARCH

宮崎アニメに出てくる乗り物の挙動が大好き。お気に入りは犬ホームズの愛車プロトベンツ。

2018年5月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付