静岡県沼津市よりトミカD1グランプリモデル買取

静岡県沼津市のお客様よりトミカを買取らせて頂きました。その中で今回ご紹介いたしますのはD1グランプリのモデルです。

トミカD1モデル

ドリフト走行での走りを競う D1グランプリ、速さだけでなく迫力やスタイリッシュさでも競い合うというのが特徴ですね。2001年から開催されていますこちらの出場車をモデルにしたトミカが登場したのは2005年で、全6種各630円でした。今回はこちらをご紹介いたします。このモデルの車はいずれも2005年のレースで使用されていたものとなります。

ソアラ

トミカ T&E JZZ30 上野高広

まずはこちらのソアラ、深紅の車体に艶消しが施された黒いボンネットのコントラストが美しいです。後ろの箱の写真には写っています立派なリアは、残念ながら製造の関係上からか無くなってしまっていますが、その代わりにこのスケールで車体のステッカー等のデザインをほぼ完ぺきに再現しています。

ソアラ 横

車体横の小さなところまでキッチリ企業ロゴを再現されています。よくこんな細かいところまで……。ドアとの難しい断絶部分まで完璧にプリントされています恐るべしタカラトミーのタンポ技術。

スープラ

トミカ RS-R JZA80 スープラ 織戸学

続きましてはスープラです。ドライバーの織戸学氏は初年から04年までは審査員を務めていましたが05年からはドライバーとして参戦しています。ずっと近くで見ていたからこそやっぱり血が騒ぐんでしょうか。こちらもキッチリボディのデザインが再現されています。そしてこの車体には実車とは形状が違いますがエアが付いています。制約の中でどれだけ再現できるか、タカラトミーの苦心した跡が見えます。

ハチロク

トミカ カーブティッククラブ AE86 植尾勝浩

最後にこちらイニDでもお馴染みスプリンタートレノ。乗っているのはD1のハチロク乗りと言えばこの人、植尾勝浩さん。艶消しのボンネットがこちらもカッコイイです。白地に真っ赤な炎のデザインと派手な車体も中々の再現度。

 

汚れてしまうので躊躇いますが、砂地で砂煙を挙げさせながら滑らせたくなってくるD1モデルのトミカのご紹介でした。全体を通して、どうしてもエアロパーツを完全再現できない中でどうするか、苦労したんだなと思わせるものでした。トミカに限りませんがスケールを縮小した時、如何に本物に近づけるかという苦心はミニカーを鑑賞するうえで楽しみの一つです。皆さんもお家のトミカと実車を是非見比べてみてください。

 

カートイワークスでは、トミカ買取強化中です! トミカ買取実績はこちらからご覧ください。

日本製 黒箱、青箱、赤箱 他 限定・特注モデルもお任せ下さい。トミカ以外のミニカーも合わせて買取のご依頼も大歓迎です。お引越しやコレクション整理、趣味換えで売却をご検討の際はお気軽にご相談を。
買取り金額がご心配の場合は、事前査定でお見積りもしております。買取方法には今回の出張買取でお伺いさせていただく方法の他に、送料無料の宅配買取店頭への持込での買取とご都合に合わせてお選び頂けます。お気軽にご相談ください。
事前査定、お見積りはフリーダイヤル:0120-329-101の他にもメールラインでも承っております。

トミカ買取、買取価格表はこちらからご確認下さい。

The following two tabs change content below.

ホーガンMARCH

宮崎アニメに出てくる乗り物の挙動が大好き。お気に入りは犬ホームズの愛車プロトベンツ。

2018年9月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付