ラジコン情報局 カートイワークス支局

空物ラジコンの楽しさを体験。

私、ターマックCTWスタッフもラジコンカーはいくつかやって来ましたが、気になっているけれど、なかなか手が出なかったラジコンの空物 (飛行機、ヘリコプターなど空中を飛ばすラジコンを称して) を実体験するべく、まずはメンテナンスから初めて行きます。フライトまで行けるかな。

今回は皆さんが飛ばしているいつもの河川敷へお邪魔してRC空物の生の迫力を体験して来ました。

風は少し強いですが快晴の中、皆さん自慢の機体が並びます。グライダー、飛行機、EDF機、ヘリコプターとジャンルも幅広くどれも魅力一杯です。

DSC_2640 RC1

ヘリコプターは電動機で700サイズ(エンジン機の90クラス相当)と大型の機体。機体も大きいですが、なんといっても加速力やスピードに驚きました。パワーを生かした動力性能は迫力満点です。この日は3D(アクロバット)フライトをしていましたが、3Dフライトは1/1の実機ではありえない動きの連続で、ヘリコプターというより新種の生き物の様です。見ていて墜落しないのか、冷や冷や物です。

 

RC2

グライダー機はシンプルな構造で、少し風の影響を受けやすいですが、ゆったりとしたフライトで、一味違った良さがあります。

今回の中で一番興味を引いたのは、F15イーグル(EDF機)。最近フライト動画をみて是非実機を見てみたいと思っていた所で興味深々。

構造は胴体内にEDFを組込み実機さながらのフライトをすることが出来ます。EDFはElectric Ducted Fanの略で、構造の概略的には、ダクト内に動力を内蔵してファンを回し、それを推進力に利用する仕組みで、その昔はDF(ダクテッドファン)の動力はエンジンだったこともありますが、近年ではモーターや周辺機器の性能が上がり電動DFとして広く普及しています。

 

WS000004 WS000003

この機体は発砲スチロール製、一部バルサ材などを使って軽量に作られています。他の機体ではFRP製のボディなどもありますが、少々の破損でも修復出来る発砲スチロール製の機体が多いようです。

飛んでいる姿を見ると素直にカッコいいと思える、男ならロマンを感じる一瞬があるそんな機体です。

空物のラジコンが気になっている方、始めてみようと思っている方、皆さんも足を運んでみませんか。百聞は一見にしかず、いろいろな機体がフライトしている所をみれば、あなたもきっと夢中になること間違いなしです。

The following two tabs change content below.
ターマック CTWスタッフ

ターマック CTWスタッフ

あらゆる路面・天候の中を駆け抜けるラリーの魅力に取りつかれた車好きの、ブリスターフェンダーマニア。ナローボディも嫌いじゃないけど、美しいフェンダーラインの車が好き。現在は大人しくしてますが、その昔フランスP社の306をMAXI仕様にしたり、ランチアデルタに乗っていました。更に昔は撮鉄でした。ゴハチ(EF58)は外せません。
ラジコンの整理をお考えの方へ

あなたの思い出、買い取ります。
コレクションしていたラジコンを様々なご事情で手放すことになった時、思い出を預けられるお店はございますか?

カートイワークスでは美品はもちろんのこと、組立済み走行品など使用感のある「思い出の品物」の買取も心を込めて行っております。

定番のホビーラジコンはもちろん、エンジン、プロポやサーボなど関連アイテム大歓迎。週末はサーキットへ足を運ぶラジコン好きスタッフがどんなラジコンも迅速に査定します。

ラジコンの売却でお困りの際は、カートイワークスまでお気軽にご相談ください。

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。