モデラーさんの作業部屋拝見

マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500 の徹底レビュー

カートイジャーナル    モデラーさんの作業部屋拝見コーナーのフジミ模型 1/24 エンスージアストモデル ランボルギーニ・カウンタック 製作指南」でも取上げられています、マルイの1/24 カウンタックをご紹介。

マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500    マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500

 マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500 | lamborghini countach LP500

伝説のスーパーカー

カウンタックは、プロトタイプである LP500から 45年以上経っていますが、実車・ミニカー、模型でも今なお憧れの存在、伝説のスーパーカーですね。

このマルイのキットは、「フジミ  カウンタック 製作指南」でも触れられているように、今までに発売されたカウンタックのキットの中でも、常に比較、例として出されることの多い良キットの一つとして有名です。

LP500としてキット化されていますが、このパッケージに書かれたブルーのカウンタックはLP400と呼ぶのが正解ではないかと思います。ルーフ後端サイドのエアインレット・ドアにあるNASAダクトなど、LP400で改良されたポイントがいくつか見られます。プラモデルのパーツもパッケージに準じていますので、このキットの出来上がりは LP400ということになるのではないでしょうか。

マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500  説明書   マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500  説明書

 マルイ 1/24 カウンタック 組立説明書 表

カウンタック プラモ界の良キット

マルイ製  プラモデルの組立説明書からキットの特徴を追っていきます。

旧キットの定番モーターライズの為エンジンルームは簡易再現になっていますが、動作としてはステアリング機構がありハンドルと連動してフロントタイヤを動かすことが出来る様になっています。モーターはリア車軸より後ろに横置きマウントしています。リアエンジンですね。

実車はミッドシップの縦置きエンジンですが、同様のキットでもモータ搭載位置・駆動方式を実車同様に拘った作りのものもあり、折角なのでちょっと拘って見たいポイントです。

マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500  説明書   マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500  説明書

マルイ 1/24 カウンタック 組立説明書 裏

カウンタックの特徴でもあるリトラクタブル ライトも可動式で再現されています。動作は車体裏のレバーで開閉動作、またこの当時の定番  ムギ球を仕込んでのライト点灯も選択できます。当時はディスプレイして楽しむよりも、ライトを点けて走っている姿を楽しんでいたように思います。

実車の完全再現? ドアの開閉機構

そしてこのキット最大の特徴である、ドアの開閉機構です。
カウンタックのドアは、開いた時にドアパネルの先端がフロントフェンダーに潜り込む (刺さっている)ように開きます。対して多くのカウンタックのミニカーは、簡易的に各パネルがぶつからない様に少し離れた位置に開くのですが、これはこれで跳ね上げ式のドアを再現することがカウンタックらしいともいえます。

実車は比較的単純なヒンジで開くのですが、実車の開閉状態をミニカーで再現できているのはこのマルイのものだけと言われています。

マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500  説明書

キットの構造も複雑ではなく、ドアの回転軸をダッシュボード裏に取り付けて、そこにドアパーツが刺さっているだけの簡単な機構ですが、それぞれの位置関係が絶妙なのかもしれません。
ドアを開ける時には、「ドア先端を軽く押し込みながら、後方を持ち上げる」の指示があります。ドアを跳ね上げるだけで実現出来る、実車同様の完全な機構は難しいのでしょうか。

カウンタックはガルウイング?

 シンセイ カウンタック メルセデス C111

シンセイ ジェットマシーンmini
左:カウンタック
右:メルセデス C111

ところで、このドアの開き方をなんと呼んでいますか。

ドアが上に開くスタイルを全般的にガルウイングと呼んでいる場合もありますが、右のメルセデス C111 の開き方が「ガルウイング」、カウンタックのように斜め前に跳ね上げるドアを「シザースドア」と呼んでいます。※ シザースドアの呼称は、一例です。

スロットカー走行までカバー

 マルイ 1/24 ランボルギーニ カウンタック LP500  説明書 スロットカー化

シャーシとボディを組合せいよいよ完成という所で、スロットカーとして走らせる場合のガイドピン差換えの説明があります。パッケージには特別スロットカーとしての説明がないのですが、ピンがパーツで用意されていたり、元々モーターライズですのでガイドさえあればスロットカーのコースも走れますね。そして残るはラジコン化ですね。

 

魅力的なマルイのオススメキット達

カウンタック含め、絶版のキットも多いですので、また一段、積プラに加えるもよしですが、入手する機会がありましたら、是非製作してみては如何でしょうか。往年のキットの良さもたくさん見えてくると思います。

 マルイ 1/24 BMW 3.5 CSL   マルイ 1/24 ポルシェ カレラ RSR ターボ

マルイ 1/24 フェラーリ 312T    マルイ 1/24 エルフ タイレルフォード007 フォーミュラー1

こんな感じですね。

よろしければ模型サイト「模型の花道」管理人おまみさん寄稿記事:フジミ模型 1/24 エンスージアストモデル ランボルギーニ・カウンタック 製作指南もぜひご覧ください。


カートイワークスではプラモデルの買取大募集中。今回紹介のカーモデルをはじめバイクに戦車、戦艦やガンプラ、ミニ四駆などどんなジャンルのキットも買取ります。弊店の買取事例や買取の流れは プラモデル買取ページ自動車プラモデル買取ページからどうぞ。

The following two tabs change content below.
ターマック CTWスタッフ

ターマック CTWスタッフ

あらゆる路面・天候の中を駆け抜けるラリーの魅力に取りつかれた車好きの、ブリスターフェンダーマニア。ナローボディも嫌いじゃないけど、美しいフェンダーラインの車が好き。現在は大人しくしてますが、その昔フランスP社の306をMAXI仕様にしたり、ランチアデルタに乗っていました。更に昔は撮鉄でした。ゴハチ(EF58)は外せません。
ミニカーの整理をお考えの方へ

あなたの思い出、買い取ります。
コレクションしていたミニカーを様々なご事情で手放すことになった時、思い出を預けられるお店はございますか?

カートイワークスでは美品はもちろんのこと、傷あり・箱なしなど使用感のある「思い出の品物」の買取も心を込めて行っております。

人気のトミカをはじめ京商・オートアート・PMAからBBR・MR等のこだわりの1点ものも、実車大好きなスタッフが迅速に査定します。

ミニカーの売却でお困りの際は、カートイワークスまでお気軽にご相談ください。

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。