【宅配買取】京商(KYOSHO)のラジコンを静岡県熱海市の方よりお譲りいただきました。

rc_delivery

京商のラジコンを複数お譲りいただきました。この度はカートイワークスをご利用いただきありがとうございます。

ミニカーからラジコンカーでも有名な京商ですが、オフロード車やグループCカーのラジコンモデルなど珍しいタイプを紹介していきます。

それぞれ違った楽しみ方がありますが、個人的にはオフロード車のラジコンを最初に触ると楽しみが広がると思います。

路面を選ばない自由度の高さと、多少ぶつかっても平気な頑丈さがあるのでラジコンカー入門はオフロードタイプをおススメしたいです。

 

京商 CAR CRUSHER BIG BRUTE


car_crusher

カークラッシャーという不穏な名称が付いているオフローダーラジコンのビッグブルート。同サイズのオンロード仕様のラジコンが正面衝突すれば、文字通りクラッシュしてしまうことは明確でしょう。

巨大なタイヤと白く分厚いバンパーが特徴的。どんな悪路でも走破してやるぞ!そんな気概が伝わってくるオフロード車となっています。

car_crusher_contents

箱の中身はホイールがかなりスペースを占領していました。やはりオフロード車だけあって、ホイールへのこだわりを感じられます。

car_crusher_wheel2

ホイールと単三乾電池の大きさ対比。単三電池2個以上の高さがあり、砂利道ほどであればオフロード車としていかんなく性能を発揮してくれるでしょう。

car_crusher_wheel

横幅も大きくアクロバティックな走行も可能。オフロードタイヤは力強さが感じられて普通車には無いパワフルな魅力がありますね。

car_crusher_contents3

ちょっとやそっとの衝突にも耐えられる角ばった構造のボディに、ボディへのダメージをカットする分厚いバンパー。

組み立てが簡単で、ぶつかっても壊れにくい。もちろん道を選ばずに走らせられるので、初心者の方にとてもおススメできるラジコンカーです。

 

京商 トヨタ89C-V


toyota_89cv

トヨタがプロトタイプカーレースや、ル・マン24時間レース用に開発したグループCカーの89C-Vをモチーフにしたラジコンカー。

1989年にロールアウトされて以来、インターチャレンジ1000㎞1000㎞では初優勝を果たすなど、1990年にも活躍した人気が高いグループCカーです。

京商が手掛けた89C-Vは、足回りがよくコーナリングでは素早いターンが見込めます。

toyota_89cv_contents

89C-Vの内容は何といってもデカール類の充実が素晴らしいです。

toyota_89cv_contents1

実際にレースで使用されたロゴから、KYOSHOロゴまで用意されていて遊び心満載のデカールになっています。

toyota_89cv_contents2

モーターはお馴染みのメガモーターが搭載されていて、京商のパッケージセットなので走り出しには安心出来るセットです。

toyota_89cv_contents3

必要な物は全て揃っているので、ボディを仕上げて即コースに持ち込みたくなるレーシングカーです。

 

京商 NISSAN R89C


nissan_r89c

日産が作成したR89Cは、日産が設計をしてローラカーズが作成という二人三脚で作り上げたグループCカーでした。

日本初であるカーボンモノコックのCカーであるR89Cは当時では注目度が高く、大会での成績も期待されていました。

京商製のラジコンカーで登場しても、快調な走り出しが期待できます。

nissan_r89c_contents

R89Cの内容物は、先に紹介したトヨタ89C-Vと内容はさほど変わりません。

r89c_decal

初代のニッサンロゴが入っていて、ニッサンファンには申し分ないデカールになっています。

私はカルソニックとニッサンのロゴのシナジーが好きで、2段に合わせてボディを仕上げたくなってしまいます。


カートイワークスではラジコンカーはもちろんのこと、走行歴ありの競技仕様ラジコンや、カスタム用パーツなどラジコン関連品の買取を行っております。

弊店での各種ラジコンの買取事例はラジコン買取ページをご覧ください。

今ではもう使用することのなくなってしまったラジコンカーや、ラジコン関連書籍などとまとめて整理のご相談も大歓迎でございます。

ラジコンの整理でお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

2021年3月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。