【出張買取】チョロQビートルコレクションを茨城県つくばみらい市の方よりお譲りいただきました。

tyoroQ

チョロQ大量を茨城県の方よりお譲りいただきました。この度はカートイワークスをご利用いただきありがとうございます。

老若男女に愛されるチョロQですが、チョロQが世に出てはや半世紀!

どの世代も何処かでチョロQを目や耳にしたことが必ずある!そう断言できるほどにメジャーなミニカー。

そんな国民的ミニカーを大量にお譲りいただきましたので、少しではありますが紹介させて頂きます。

 

No.4 VWバハ Iセット 三次製品/四次製品


no4-vw-iset

1982年に発売されたチョロQ のフォルクスワーゲンをモチーフに作られたIシリーズ。

もともとはチョロQの前身である豆ダッシュ時代のモデルを使用していますが、ウインドウにクリアパーツを採用していて、底板にはチョロQの刻印が入っています。

a4-side

窓は全て透過されていて内部が見えるように変更されている

ホイールにはダンロップの刻印が入っていて、収集欲を掻き立てる遊びが施されています。

a4-bottom

底板にはチョロQの名前が冠されている

TAKARAのロゴが入っていて、タカラトミーに合併する前の時代を感じさせてます。

 

No.A-49、初期HG No.041 VWビートル


choro-q-beetle

1303SをモチーフにしているチョロQで、特徴である曲面フロントウインドウも小さな車体ながら再現されています。

beetle-1303S

当時にビートルの最終進化形として、ストラット式のフロントサスペンションを持っている1303S。

デフォルメされてもビートルの特徴がわかるのは、流石はチョロQといったところ。

 

A-47 VWドラッグ / HG No.039 VWドラッグ


choroq-vwdrag

チョップトップのドラッグレーサータイプがチョロQに生まれ変わった姿。

この頃からビートルのラインナップが増えてきました。VWドラッグはまさに、ビートルコレクションの再燃役と言って差し支えないでしょう。

vwhg-drag

HGシリーズの鮮やかなターコイズカラーで登場したドラッグ。

vwhg-drag-rear

後ろから見ると全く違ったカラーリングを楽しめます。安価で集められるので、多種多様に発売される同車をコレクションしてしまうのも納得してしまいます。

beatle-collection

これだけ多く発売されていても、違いのある様々な種類のビートル。チョロQ開発スタッフにビートルファンがいて、同じビートルでも一癖違ったマニアックなラインナップになっています。

 

A-10 ワーゲン・ロールス


wagenrolls

正面に、ロールスロイス風のラジエターグリルを装着したビートル。

確かにロールスロイスにもビートルにも見える、なんとも不思議な組み合わせ。

wagen-rolls-side

しっかりとビートルのオーバルウィンドウタイプを使用しているところがマニア心を揺さぶります。

beatle-clear

A-49のMセットの中でも、有力な小売店向けに作られたクリア仕様のVW1303S。

beatle-clear-side

スケルトン仕様でチョロQ内部の機構が丸見えに。もともと変化球の多いビートルコレクションですが、その中でも特別感があり人気がありました。


カートイワークスではミニカー買取を積極的に行っております。お引越し前の整理や、自宅のコレクションの一部整理などお気軽にご相談ください。

また当店ではメーカーごとに価格表や買取実績を掲載したページもご用意しております。ぜひ気になったページや、サイト内で気になった点がありましたらお問い合わせください。

ミニカー買取ページ

買取依頼が初めてで不安という内容も大歓迎です。スタッフ一同、皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

2021年1月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。