カートイワークス同人誌紹介ブログ<その②>

いくつかの同人誌
こんにちは、カートイワークス通販部でございます。

今回もグループ会社であるBEEP通販サイトでお取り扱いをさせていただくことになりました同人誌の中から『Feel Like AURISing 2018 Summer』、『Feel Like AURISing 2018 Winter』、『世界のサーキットから』の3冊について紹介してゆきます。


1.Feel Like AURISing 2018 Summer

2冊 Feel Like AURISing
Feel Like AURISing 2018 Summer(FLA 2018 Summer)はサークル”TEAM-YOU”のオーリスを愛して止まないMizuYou様が、コミックマーケット94(C94)にて発行された通算9冊目の作品になります。

トヨタのオーリスってどんなのだっけ?という方から、オーリス愛なら負けない!という方まで、ぜひとも手にとっていただきたい1冊となっているんです。

というワケで、さっそく作品を見てゆきましょう。

Feel Like AURISing 2018 Summer 中身 1
最初のページを開けば”オーリスと過ごす休日”ということで、海辺での写真から始まり清涼感感漂う夏を上手く切り取っています。愛車と海辺へドライブしたくなるような1枚ですね~。

 

Feel Like AURISing 2018 Summer 中身 2
更にページをめくってみますと、表紙にも書かれていた”回帰”の文字が。

オーリスが12年の時を経て”カローラスポーツ”として2018年6月に発売されたこと、それに対するMizuYou様の思いが綴られております。

 

Feel Like AURISing 2018 Summer 中身 3
そして筆者がトヨタレンタカーで借りた”カローラスポーツHYBRID G”と”GX 1.2L直噴ターボ”について、筆者のオーリス(オレンジメタリック)との比較写真付きで掲載しています。

写真を見ただけでは判別しにくいようなポイントも記載されていて個人的には、わかりやすく読みやすい本である印象を受けました。

 

Feel Like AURISing 2018 Summer 中身 4

最後には賑やかなオーリスのオフ会レポートまで!

加えてそれぞれの車に対する総括もあり、オーリス好きの方はもちろんのこと、あまり得意ではない方も読んで、見れば、楽しめること間違いなしの作品となっております。

 

 

2.Feel Like AURISing 2018 Winter

Feel Like AURISing 2018 Winter 

続きましてはこちら。前述の同サークル様がコミックマーケット95(C95)にて発行された前述したオーリス本の続編にあたる、Feel Like AURISing 2018 Winter(FLA 2018 Winter)になります。

表紙をめくれば、

Feel Like AURISing 2018 Winter  中身
筆者の5年の付き合いである愛車を全面に押し出した1枚がお出迎え。前作では海辺で撮影されていましたね。今回はこのオーリスのコーティング体験記も記載されていたからかツヤ感が感じられます。

どんな内容なのか見てゆきましょう。

Feel Like AURISing 2018 Winter  中身 2
前作では車の発売日と、本の発行日の都合上、試乗レポートを掲載できなかった”カローラスポーツ 6MT”について掲載されています。

筆者が乗り換えるならカローラスポーツ 6MTなのかもしれない、と本誌に記されていたように期待の大きさが窺える文章量です。

この車とオーリスの違いについてどこがどのように優れているのか、どんな乗り心地なのかといったことが伝わってきました。

 

Feel Like AURISing 2018 Winter  中身 3
ラストは愛車のオーリスのコーティング体験記が掲載。

どの部分が剥げているか、傷が見えるかというビフォーから、店舗に向かってから実際にやり取りした体験、そしてコーティング後のアフターが比較されていて思わずコーティングを利用したくなってしまう内容となっていました。

 

上記2冊の購入は以下のリンクからどうぞ~。 

Feel Like AURISing 2018 Summer 
Feel Like AURISing 2018 Winter

 


3.世界のサーキットから

ラストに取り上げさせていただくのは、以下画像の『世界のサーキットから Rd.1』です。

世界のサーキットから Rd.1
こちらはC95にて初参戦のサークル”SAKEGO”様が制作した作品になります。

実際にレースを見に行くのは気が重い・・・なんて方こそ、この本を手にとって見てほしいんですよね。

と、言いますのも道中で役に立ったアイテム会場につくまでの行き、帰り道での体験談を事細かに掲載してあり、まるで自分も遠征したかのような気分が味わえるからです。

 

世界のサーキットから Rd.1 目次

全ページ数は75なので目次は参考になります

 

世界のサーキットから Rd.1  中身
まずは”F1記事担当”の”月野鮭生”氏によるアゼルバイジャンGPに参加した実際の様子が描かれています。とあるカフェでは英語が通じなかったなんて話から、実際に食べたグルメの写真付きレポート、会場内の様子など、現地のエピソードが掲載されています。

そして、この後にはフランスGPに参加したレポートも。持っていくことで実際に役に立ったアイテム、実際のスケジュールや経路を事細かに掲載してあり、まるで自分もそこに参加していたかのような気分が味わえます。

 

世界のサーキットから Rd.1  中身 2
続いては”GT担当”の”ごう”氏によるGTレポートになっています。前置きとしてごう氏がなぜ車を好きになったのか、”GOODSMILE RACING”を応援するようになったのかといった経緯がまとめられています。

 

世界のサーキットから Rd.1  中身 3
そして、ごう氏がスパ24時間レースに向かうと決めてから、どんなスケジュールでどうやって旅行サイトを選んだのか、実際に準備にかかった経費も細かく掲載されていました。

 

世界のサーキットから Rd.1  中身 5
なんといっても読んでいて楽しいのは遠征先のルート事情アレコレに加えて、実際に体験したレースの様子になります。遠征費を見てみると簡単には体験できないからこそ、貴重な写真付きレポートになっています。是非本誌でスパを体感してみていただければ、通販担当としても有り難い限りでございます。

 

世界のサーキットから Rd.1  中身 4
ちなみに、あとがきを読んで見ますと続編の構想はあるけど制作されるかは不確定なのだそうです。個人的には、初参加にして1冊目がこれだけのボリュームですので次回作も楽しみなサークル様です。

ご購入は以下のリンクからどうぞ~。

世界のサーキットから Rd.1

 


以上、カートイワークスのグループ会社であるBEEP通販サイトで取扱いを開始させていただいた同人誌の紹介でした。

どの作品もクルマ好きの方だけに向けた内容というよりも、入門のような作品であったように思います。今後も取り扱わせていただくアイテムの紹介を定期的にしてゆきたいと思いますので、どうぞご贔屓に~。

それでは、またいつか同人アイテム紹介ブログでお会いしましょう。(カートイワークス通販部)

The following two tabs change content below.

2019年2月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。