東京都あきる野市よりスケレ限定スロットカーセットをお譲りいただきました。

東京都あきる野市のお客様から、スケーレックストリックの限定版スロットカーセットをお譲りいただきました。

スケレ全体

今回お譲りいただきましたスロットカーは、イギリスの老舗メーカーのスケーレックストリック(スケレ)から発売されたスロットカーの車両限定セットになります。カートイワークスでもあまり見なく珍しい、ケースに収まった車両セットとなっています。

スケレ赤箱スケレ黄箱

ジャガーやフェラーリ等々、カテゴリごと当時の著名なマシンばかりを それぞれ 12台のセットになります。

赤箱片側

まずは赤いケースから、真紅のフォーミュラーカーのフェラーリ 156F1が目を引きますね。シャークノーズと呼ばれた独特のボディ形状は今見ても色褪せないかっこよさがありますね。そしてその右下にはこちらも独特の形状をしたポルシェ 917Kが、917シリーズで一番好きなのは奇抜極まった、Pink pigと呼ばれた 917/20なんですけども 917Kもいいですね。

この後部を跳ね上げたダウンフォース重視のボディラインが良いです。B.M.C.の革命的小型車のミニ クーパーSもいますね。こちらは1965年のモンテカルロラリーモデル。面積自体は狭い国イギリスから生まれたマシンは似たような環境にある日本でも新型と合わせて今も大変人気です。当時走っている姿を見かけると思わず乗せて! と手を挙げてしまいそうでした。

赤箱逆側

続いて逆側。こちらで気になるのはやはり中央のランチア ストラトスでしょうか。何時見てもカッコイイですねー。なんというか出てくる度にカッコイイと言ってる気がしますけど、本当に好きだからしょうがないですよね……。その左には奇抜なアイデアを具現化した 6輪のF1カー タイレルP34の姿も。こちらも根強い人気がありますね。

現在ではF1のルール上 6輪は採用できないので、ほんの数年の間だけ現れた幻のマシンですね。F1を知らなくても、この 6輪のレーシングカーは見たり聞いたことがあるというくらい当時から有名で話題になりました。

黄箱片側

ドンドン行きましょう続いて黄色いケース。フィアット……ではなくセアト 850TCがあったりフォードフィエスタなど渋いマシンが。こちらにもランチアのマシンであるランチア・ラリー 037の姿がありました。ランチアの緑と赤のアリタリア航空カラーは個人的にすごく好きな配色なので、ついつい目を奪われてしまいます。

黄箱逆側

さらに逆側、こちらにもセアト600がいます。日本だと正式な輸入もなくマイナーメーカーのセアトですが、こちらもデザインの良い車が多いので知られてほしいですねぇ。そして蒼いポルシェ934……ではなくて911が目を引きます。こちらは1978年のモンテカルロ優勝モデルですね。蒼いジタンのスポンサーカラーがカッコいいです。

他にもトヨタセリカGT4の姿も。トヨタと言えば前回のル・マン初優勝本当に良かったですね。ニュースを見ていてこっちまでもらい泣きしそうでした。こちらの黄色い箱の方は白を基調とした爽やかなカラーリングのマシンが多いですね。

 

この度は、大変珍しいスケレの限定スロットカーセットをお譲りいただいて本当にありがとうございました。

 

カートイワークスでは、スロットカーの車両・関連商品の買取り強化中です。
今回ご依頼頂きましたスケレから、現役で走らせているシャーシや
スペア・カスタマイズパーツなどもまとめてご依頼下さい。スロットカーの買取事例はこちらから。

AFX トミー 他 HOスケールの車両・コースセットも買取り大歓迎です。マグナカー他 古い車両は箱・ケースなしのことも多いですが、車両の状態でも買取しています。お引越しで子供のころに遊んだスロットカーが出て来た、コレクション整理などで一気にまとめて売りたい等々 買取りをご検討のスロットカーがありましたらカートイワークスにお任せ下さい。

買取り金額がご心配の場合は、無料の事前査定でお見積りもしております。買取方法は今回の出張買取でお伺いさせていただく方法の他に、送料無料の宅配買取店頭への持込での買取とご都合に合わせてお選び頂けます。お気軽にご相談ください。
事前査定、お見積りはメールライン  フリーダイヤル:0120-329-101で承っております。

スロットカーの買取り、買取価格表はこちらをご確認下さい。

The following two tabs change content below.
カートイワークス 買取部

カートイワークス 買取部

ミニカー、模型の買取情報、買い取り価格表から商品紹介、キャンペーンやイベント情報など事についても書いて行きます。

2019年2月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付