【宅配買取】ホットウィール1,000台以上を青森県弘前市よりお売りいただきました

【宅配買取】ホットウィール1,000台以上を青森県弘前市よりお売りいただきました
おはようございます。朝から大量のミニカーを見ていると今日1日の始まりを感じる、ミニカー買取担当スタッフです。

ブリスターなしのルース品や、コレクションケースに保管されていたお品物、ブリスターパック付きの新品状態など1,000台以上のミニカーをお譲りいただきました。弊店へご依頼くださり。誠にありがとうございます。

ホットウィールといえばカートイワークスの店長はホットウィールを見ると、面白い車探しをするのが好きなんです。よろしかったら過去のホットウィール事例もご覧くださいませ。(ホットウィール をまとめて北海道札幌市から宅配にてお譲りいただきました)自分の場合はコラボデザインの車や、ホットウィールのロゴが入ったミニカーを見つけるのが好きだったりします。

 

ホットウィール ドクターストレンジ ランボルギーニ ウラカン クーペ
ドクターストレンジの写真が印象的なパッケージデザイン。モデル自体はランボルギーニウラカンですが、いかんせん下に入っていたミニカーと被ってしまって、見づらいかもしれません。

ホットウィール ドクターストレンジ ランボルギーニ ウラカン クーペ アップ写真
というわけでアップで撮り直ししました。ブリスターに入っているので反射しきらない、いい感じの角度が見つからなかったのですが、ホイールがうまく捉えられたと思います。写真では色味が伝わりにくいかと思いますが、映画同様グレーメタリックのランボルギーニです。

自分の中でランボルギーニというとイメージカラーが黄色のイメージがあるのでちょっと地味かな?と思いました。とはいえ原作同様のカラーリングですから、普段はミニカーを集めていない、というファンの方も購入したであろう人気の1台ではないか?と思います。

余談ですが、ドクターストレンジの公開日を振り返ってみるとの日本で公開されたのは2017年の1月…。もう3年も前の作品となってしまうのですね。

 

ホットウィール 50thレースモデル '70プリマスロードランナー
先でもお話ししましたが、目的のミニカーを発見。ロードランナーにホットウィールの文字が。

そのまま飾っていおいても楽しめそうなんですが、ブリスターパックに入っている状態から見ても、車高を少々いじる余地がありそうです。50周年の記念ホイールの1種類ということもあってホットウィールファンの方こそぜひとも手にしたい、そんな1台でしょう。

そしてホットウィールを初めて見た、という方でもホットウィール(ミニカー)にホットウィールのロゴが入っていますから、なんだか特別な1台と感じられるのではないでしょうか?

数千台にも及ぶホットウィールのミニカーをコレクションなさっていた方からご依頼をいただけるのは、ミニカー買取専門店のい店員として大変うれしく思っております。もしコレクション整理を検討されているミニカーファンの方がいらしたら、ぜひとも弊店へお声がけください。1点、1点丁寧に査定いたします。


カートイワークスではミニカーの買取を行っております。

弊店のホームページでは買取価格表や、過去のホットウィールのミニカー買取事例を掲載しております。詳しくはホットウィール買取ページよりご覧ください。

お売りになりたい品物が今回のご依頼者様のように大量にある場合は、ミニカーが分かるような全体の写真をお送りいただければ、スタッフが査定いたします。下記のバナーのお問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください。

カートイワークス ミニカー 買取ご依頼フォーム

電話からのご相談も大歓迎:0120-329-101

ホットウィールの買取はカートイワークスにお任せください!

2020年6月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。