【出張買取】KTM 581系・カワイ模型 151系・天賞堂 C62など多数のHOゲージ鉄道模型を神奈川県相模原市よりお譲りいただきました

非常事態宣言が解除され、徐々に出張買取と店頭買取のご依頼が増えてきました。これから少しずつ元の生活に戻っていくのでしょうか。とはいえ、感染が0になったわけでは無く、まだまだ注意が必要な時期。引き続き公私ともに対策は行っていきたいと思います。

今回は神奈川県相模原市よりHOゲージ鉄道模型を出張買取にてお譲りいただきました。誠にありがとうございます。年代物のHOゲージが勢揃いです。

カツミ模型も編成が揃っていて素敵です。

 

カワイ模型/クハ151 こだま
カツミ模型/クハネ581系 月光

移り変わりセットですね。

日本初の特急「こだま」がデビューしたのは1958年。鼻先が長いボンネットスタイルが特徴的で、こだま型と呼ばれてこの時代は流行しました。というよりも機器の設置上、この形が一番良いとされていたんですね。

151の鼻先には"電気で電気を発電する発電機"が中に入っているんですけど、でかい上にめちゃくちゃうるさかったとか。そのため、前へ前へと追いやられて、結果鼻先に収納するのが最良とされたのです。

しかし、技術の進化で発電機は小型化されて、音も静かになりました。そうして581系を封切りに貫通スタイルへと変わっていき、現在に至ります。※諸説あります!

 

なにもかもが別人。

 

「月光」の文字は肉眼だとしっかり見えるんですけど、写真だと全然映らないです。これがiPhone8の限界でした。

 

続きまして、天賞堂/C62形3号機。昭和を牽引したたくましいC62の北海道時代が再現されています。例えばスノープロウとか、小窓のひさしとか。つらら作らないためだよねここ!とか、吹込み防止のためだよねここ!とか、非常に細かいところまでこだわりを見ることができます。

内容はこんな感じです。石炭が山の状態のオブジェ・・・いわゆるカンタン石炭ではなく、粒というのが私にはどストライクです。粒状の石炭パーツってなかなか売っていないんですけど、IMONの石炭が安くて形もキレイで好きです。

 


カートイワークスでは鉄道模型の買取を行っております。
「押入れに長いこと眠っている」
「引っ越しをするからコレクションを減らさなければならない」
「鉄道模型を卒業した」
様々な理由で鉄道模型・パーツ・レイアウトの売却をご検討の際は、是非カートイワークスまでご相談ください。

▶鉄道模型の取扱一覧はこちら 
▶KTMの買取ページはこちら
▶天賞堂の買取ページはこちら 
▶HOゲージの買取ページはこちら

また、当店ではお客様に安心してご依頼いただけますように、お見積りから減額を致しません。
※お見積り時にいただく商品情報と実物の状態に相違が無いことが条件となります。
詳細はこちらを御覧ください→【事前査定金額の保証サービスについて】

まずはお気軽にお申し込み・ご相談くださいませ。
カートイワークス ミニカー 買取ご依頼フォーム

■写真を送るだけ→LINE査定
■即スタッフに問い合わせる→TEL:0120-329-101 (10時-20時 年中無休)

 

The following two tabs change content below.
カートイワークス 買取部

カートイワークス 買取部

主に乗り物系ホビーの買取情報、キャンペーンやイベント情報など紹介しています。

2020年6月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。