ミニ四駆 ダイナホークGX、ファイターマグナムVFXなどのキットやパーツを富山県高岡市から宅配にてお譲り頂きました

ダイナホークGX、ファイターマグナムVFX、ミニ四駆・くまモンバージョン含む大量のミニ四駆
こんにちは、カートイワークススタッフです。先日、富山県高岡市から『ダイナホークGX、ファイターマグナムVFX、ミニ四駆・くまモンバージョン』といったミニ四駆多数をお譲り頂きました。カートイワークスへのご依頼ありがとうございました。

写真右上にあるファイターマグナムVFXの発売広告を見た際は驚いたことを覚えていますね。初めからボディやシャーシの一部をくり抜かれたいわゆる”肉抜き”の状態で販売されるんですから。そういったミニ四駆は販売されていなかったんですよね。

ちなみに現在でも通常生産されているミニ四駆ですので、購入しやすいミニ四駆となっています。

 

ダイナホークGX、ファイターマグナムVFX、ミニ四駆・くまモンバージョン含む大量のミニ四駆 2
箱を開けてみますと開封済パーツも見受けられましたが、全て未組立の状態でした。こういった状態の場合は組立済のアイテムと比べて高価買取の対象になることが多いんですね。

もし積んでしまっているミニ四駆が大量にある場合、整理の際はぜひ1度カートイワークスへお声がけくだされば嬉しい限りです。

 

 Mini 4WD related items such as Hot Shot Jr., Super Avanty Fleet, Motor, Shaft and Bacseed
ホットショットJr.やスーパーアバンテイフリート、モーター、シャフトといったミニ四駆関連のアイテムだけでなく、バンダイの爆シードも入っていました。

爆シードはミニ四駆が一時期商品展開を終了した時期頃から発売されていたんですね。発売時は"まるで見計らったかのようなタイミング"なんて声もよく聞いたものです。

 

ホットショットJr.やスーパーアバンテイフリートとバクシード

中身はこんな感じ

爆シードはミニ四駆よりも頑丈でして、その理由はボディとシャーシが一体となった構造だからなんですね。加えてシャーシを3分割できる作りになっていること、ウェブ上でタイムを競える、というミニ四駆とは1味違う楽しみ方もありました。

ただシャーシを三分割する構造からか安定しない走りの印象なんですよね。

発売当時も今もオリジナル改造パーツも手に入れるハードルが高いんですね。発売当初かなり爆シードに熱心な友人が集めていたんですよ。パーツ集めが特に難航したらしく、おもちゃ屋を5、6件はしごしたなんて話もしておりました。

とはいえ、ミニ四駆を抜かすために作ってみるのも面白い試みだと思います。改良に自信がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 


カートイワークスではミニ四駆に関するアイテムの買い取りを承っております。

 

弊店では箱に詰めてミニ四駆を送っていただく宅配買取をはじめ、
全国無料の出張買取、専門スタッフがその場で査定する店頭買取
といった3つの買取方法がございます。

また各グループ店と連携しまして、ゲーム・アーティストグッズ・古本・昭和レトロなグッズ等おもちゃ以外の買い取りも可能です。

メールでのご相談はかんたんお問い合わせフォームから。
電話からのご相談は0120-329-101まで。(受付時間:10時~20時)

どうぞお気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.

2017年12月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付