子供とプラモデルを作ろう たまごひこーき編~その③~

こんにちは、カートイワークスのブー太郎です。すみません。更新が空いてしまいました。 継続も大切ですよね。

さて 前回の 子供とプラモデルを作ろう たまごひこーき編~その②~ の続きです。

デカール貼りが楽しくなってきて

デカール切りからの水付けに夢中01

ハセガワ たまごひこーきシリーズ より 60505 ANA ボーイング747-400D のデカール貼りを
ノリノリの怪獣さん(4歳)がドンドン進めて行きます。

楽しそう☆

息子『ふん ん ふんふふーん ♪』と何か?口ずさんでました。
わたし『ん? 何 歌ってるの?』と聞いてみる。
息子『えっ? それは ひみつ ですー ♪』 だってw
(教えてくれよーーーw)
まぁいいや・・・。

デカール切りは普段のはさみ遊びの延長線なのでなかなか思い通りに切ってますな。

デカール切り07 デカール水付け01

さて 水につけて  
息子『おとうさん また一緒に数えよう!』
わたし『そうだな。行くかー』
二人で『いーち、にー、さーん・・・』
30数えて。
(20秒くらいでも良いかもですね。入れ過ぎはのりが散ってしまう原因かもしれません。)

 

側面の窓付きのデカールは・・・。

豪快に貼ります!

側面の窓付きのデカール貼り02 側面の窓付きのデカール貼り01

やっぱり ズレました!?

この曲面の箇所は大人でも難しいかも知れませんが・・・(汗。 ちいさな手で微調整してました。

息子『うーん。 こんな感じ?』
わたし『難しいかもねー でも 一人で貼ったよね。』
息子『じゃあ 次やりたいな。』 
と   次に進んでいきます。

 

羽にデカール貼り

着水からのピンセットを使って離陸。

デカール切りからの水付けに夢中05 デカール切りからの水付けに夢中06

頑張ってピンセット使ってるなー

羽にデカール貼り失敗01 羽にデカール貼り失敗02

(↑組立時に一度 ジェットエンジンはくっ付けましたが、デカール貼り時にはお邪魔ですので外してあります。)

本体に付けた水も少し少な目な事もあるけど、 ふふふ 結構 イキましたなw
でも、自分で実際に失敗して見ないと分からない事もありますからねぇ。
次は頑張れ!

デカール貼り風景 箱内にはさみあり01

デカール貼る場所をあてがって見せておきました。

デカール切りから裏面目安01 デカール切りから裏面目安02

ここもムズいかもねぇ。

デカール切りからの水付けに夢中02 デカール切りからの水付けに夢中03

上側の小さな窓やマークも

デカール切りからの水付けに夢中04 上窓とマークもデカール貼り01

マークの位置が違いますがw
細かい事は気にしない精神で!?
とりあえず最初は数こなせw

デカールについた余分な水分をティッシュで拭き取り01

余分な水分をティッシュでちょんちょん。
綿棒無かったのでした(汗。

そんなこんなで作業はコツコツ進んで行き・・・。  
ジェットエンジンや車輪も固定し直して

 

ついに完成!

ハセガワ たまごヒコーキ 60505 ANA ボーイング747-400D 完成01 ハセガワ たまごヒコーキ 60505 ANA ボーイング747-400D 完成03

ハセガワ たまごヒコーキ 60505 ANA ボーイング747-400D 完成02 ハセガワ たまごヒコーキ 60505 ANA ボーイング747-400D 完成04

ハセガワ たまごヒコーキ 60505 ANA ボーイング747-400D 完成05 ハセガワ たまごヒコーキ 60505 ANA ボーイング747-400D 完成06

テール付近のデカールのズレは気になりますが・・・

怪獣さんは『出来たー!!』 と本人は喜んでおりますのでw
まぁ これで 完成です!! 子供と一緒に作るプラモデル 面白いですよ!
昔にに比べて模型離れという言葉も聞きますが、 皆さんも息子さん、娘さんと楽しみながら、次の世代に もの作り や 模型製作の楽しさを伝えて行きましょう☆

今回はこれにてお話完結とさせて頂きますm(_ _)m

最後まで読んで頂き感謝致します。

次回は そろそろ わたす自身の模型製作も開始せねばー  の続編を予定しています。

では また( ̄ー ̄)/

 

★関連ブログ
前回のお話 子供とプラモデルを作ろう たまごひこーき編~その②~ はこちら

前々回のお話 子供とプラモデルを作ろう たまごひこーき編~その①~ はこちら

初回のお話 子供とプラモデルを作ろう その①~素材選び編~ はこちら  

★カートイワークスではその他にもレベル、ホビーマスター、フジミの旅客機、戦闘機等のプラモデル、レジンキットなどの買取も強化中です。
ご不要なキットなど御座いましたら、是非まとめて買取させて頂きたいです。
お見積りも無料ですのでお気軽にお問合せください。

 プラモデル買取ページはこちら

2015年8月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。