【プラモデル買取実績】ゾイドプラモデルを静岡県浜松市のお客様から宅配買取でお譲りいただきました

 

今回は大型ゾイドプラモデルを2点、静岡県浜松市のお客様から買取いたしました。カートイワークスをご利用いただきありがとうございます。

動物をモチーフにデザインされた兵器は、メカ好きでありキメラ好きの私の心を奮い立たせます。
生命と機械が一体化する感覚が背徳的でゾクゾクするんですよね、好きなシリーズです。

大型ゾイドとあって、箱もかなりの大きさで縦の長さが私の腕とほぼ同じほどなのですが、ゾイド自体もそれに負けないほど大きく存在感を放っています。

こちらはコトブキヤ HMMアイアンコング・シュバルツ仕様。

塗装していなくてこの鮮やかさ。

前足のおかげか自立することができ、安定感があります。
上部についているガトリングがまるで狙いを定めているようですね、左右には動かず上下に動くことができます。

背後から見ると、前から見るのと打って変わって色のバランスが別物に。
全体的にメカメカしくなりますね。
それでもモチーフとなっているゴリラの、たくましい骨つき、つややかな筋肉が再現されているのでかろうじて

大きいだけあって様々な個所の作りこみがあり、こちらの足のつま先も一本一本きれいに動かすことができました。
動かしている最中はまるで猫の爪切りをしているようで、妙な感覚に…。
このままずっと一緒にいると本当に動物としてみなしてしまいそうで、一抹の不安を覚えます。

頭部はカパッと開き、中にコックピットが配置されています。
ガラス面はきれいなエメラルド色で、慎重に操縦できそうなカラーリングです。

顔もイケメンに仕上がっていますね。

続いてこちらは先ほどと同じコトブキヤから発売されたHMMゴジュラス・ジ・オーガです。

先ほどのアイアンコングより一回りほど大きいゴジュラスは、ゾイド最大サイズのゴジュラスにさらに武装が追加され、猛烈なボリュームになっています。
ランナー数が凄まじく多く、アルファベット別にパーツ分けされているのですが、それじゃ足りないのでひらがなも振っている驚きのランナー数。

元にない関節が追加されているため表情豊かでポーズが決めやすく、どんと立たせるだけで存在感があるのでどんなポーズでも似合います。
ただ、その分パーツが外れやすく、写真を撮る際に何度かぽろっと取れてしまいました。
そもそもの組む難易度が高いので初心者には向きません。

下から見てもこの迫力!パーツ数が細かいおかげか全体の解像度が高く、どこをみてもうっとり

こちらも頭部がコックピットになっていて、操縦者がいます!
アイアンコングとは違い、開くとガラス面も上に行ってしまう仕様。

武装のロングレンジバスターキャノンは大型ゾイドを粉砕し、小型ゾイドなら掠めただけで大破する凄まじい威力。

内部にリード線を通すケーブルはまるでしっぽみたいにたらん、と垂れています。

しっぽの先はまるで毒をもつサソリのようで、ゴジュラスの攻撃性がうかがえますね。


カートイワークスではZOIDS全般の買取を行っております。ゾイド買取事例や、買取価格表はゾイド買取ページからどうぞ。

未組立から組立途中、組立済みまで幅広く買取を行っております。「売れるか知りたい」「いくらになるか調べたい」というご相談も歓迎です。ぜひご相談ください。

ZOIDS買取はぜひともカートイワークスにお任せください。

 

LINEでのご相談はこちら

無料! 簡単! LINE査定

メールでのご相談はこちら

カートイワークス ミニカー 買取ご依頼フォーム

 

2022年6月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。