KATO 10-439 883系 ソニック 883 7両セット

こんにちは!
昨日は雪が多く、朝から雪かきで汗をかきました(*^^*)
カートイワークスのZUMAです。
今日は晴れましたが、まだまだ路面は凍って滑りますので、運転や歩行中の転倒にはくれぐれもご注意下さい。

さて、本日はセルリアンブルーの先頭部が特徴的なNゲージ 鉄道模型のご紹介です。

KATO 10-439 883系 sonicの箱。白い文字や赤い三角のロゴが見える。

開放的なインテリア

平成7年(1995)に登場した883系「ソニック」は、ステンレスボディを基調とした精悍な外装、
開放的なインテリアが特徴で、JR九州初の振り子方式を採用しています。
当初は7連×5本と5連×3本で運用されていたソニックですが、平成19年(2007)までに全車リニューアル工事を行い、
メタリックブルーの車体色で統一されました。翌平成20年(2008)からは883系オール7連化が行われ、
アルミ車体を採用した883系1000番台2両の中間増備車が登場しています。

では、外箱を展開してみましょう!

カトー 10-439 883系 ソニック7両セットの展開画像。白い車体に黄色いラインが見えている。

車体のアップです。

KATO 10-439 883 ソニックの車体画像。ステンレスボディにセルリアンブルーの先頭部が特徴的。

主な特徴について

平成7年(1995)登場当時の姿を再現しています。ステンレスボディにセルリアンブルーの先頭部が特徴です。
おしゃれな感じがしますね!カーブの多い日豊本線を130km/hで駆け抜けます。
[クロハ882-5+サハ883-205+モハ883-205(M)+サハ883-105+モハ883-105+サハ883-5+クモハ883-5]

883系「ソニック」のシャープで斬新なデザインと形態、各所に配された精密なレタリングを忠実に模型化しております。
また、車体を傾斜し実車に迫る迫力感あふれる曲線通過シーンをリアルに再現する「振り子機構」を採用!!

カラーリングは、リニューアルされブルーメタリックに塗装され、精悍な車体、重厚な台車まわりを、美しく的確に表現しています。
885系と同様の車体形状を持つ1000番台の中間増備車を組み込んだ、独特の編成形態を再現しており、
追設された先頭車の換気扇カバー、中間車(サハ883-8)の列車無線アンテナも再現。
ジャンパ管付KATOカプラー密連形を、中間車連結部に標準装備しています。

更に、スマートなシングルアーム式パンタグラフ、高圧機器が密集した屋根上形状等、複雑かつ立体感あふれるディテールを的確に表現
しており、ヘッド/テールライトも点灯します!
付属部品ですが、行先表示シール、バンパー、カプラーカバー、屋根機器(ユーザー付部品)となっております。

別売りオプション

・新室内灯セット 品番:11-204 ¥400
・白色室内灯セット 品番:11-209 ¥700
・新室内灯セット(6両分入) 品番:11-206 ¥2,000
・白色室内灯セット(6両分入) 品番:11-210 ¥3,500

今回は 東京都中野区(なかのく nakano) の方からお譲り頂きました。
ストラクチャーや、トミックス|マイクロエースなどまとめて買取りさせて頂き、有難う御座いました。

◆弊社買取価格:5,000円◆

となっております!

カートイワークスでは鉄道模型の買取に力を入れております!
MICRO ACE|KATO|TOMIX|天賞堂など。、
新品はもちろん、中古品|箱無|ジオラマまで幅広く高価買取致します!
皆様の大切にされてきたコレクションは、是非専門店の弊社に安心してお任せ下さい(^^)

The following two tabs change content below.
CTWスタッフ ZUMA

CTWスタッフ ZUMA

音楽を聞きながらのドライブ旅行が好き。ベアブリックやメディコムトイ製品、アメコミ関連のおもちゃを集めています。密かにガチャガチャコレクションも計画中なCTWのスタッフです。ミニカー、模型、レゴ、プラレール、RC、フィギュア、鉄道模型など他にも様々なおもちゃの買取情報から商品紹介ついてもご紹介します!

2016年1月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付