ガレージの整理整頓から タイヤ置き場作り-その①

こんばんは、暑いとお酒が飲みたくなってしまうカートイワークスのブー太郎です。
平日は飲まないようにしてますが、土日は飲んでます。

さて、土日の休日には2匹の怪獣さん達を子守してることが多いのですが・・・。

ガレージ内の温度01

好き(隙)あらば愛車を弄ったりいています。
夏本番で暑すぎて車庫内の温度も急上昇ちゅうでございます。。

ガレージ(車庫)の現状

散らかったガレージ

広いと思っていたマイガレージも工具、タイヤ、パーツなどを置いていくと直ぐにいっぱいになり、ごった返してしまいます。

タイヤと関係ないお品も転がってまふが・・・(汗。

散らかったる前のキレイなガレージ

最初はこんなにキレイだったのに(物入れていない最初の頃なので当たり前ですがw) 肝心の整備時に工具がすぐに取り出せなかったり、タイヤ交換時に必要なタイヤを取り出せなかったり把握できなかったりします。
あると祭の準備の時は最強にゴチャゴチャでしたね(笑)
凄く効率も悪く時間もストレスも掛かり良い事はありませんね。 
2柱リフトを設置、ガレージを建てるにあたり、どうしても軒の高さ(最低でも3.5m)が必要でした。
その為、上のスペースがデッドスペースにもなり空間の保管(収納)力も効率良くないなぁと以前から思っていたのも関係しています。
どんな広い場所に引っ越そうが 
この仕組みを変えていかないと変わらない 気がします。
この考え方は仕事にも使えるかも知れないですね?
躓いたら考えて対策をしなければなりませんね!
タイヤも夏タイヤ、スタッドレス、純正サイズと 何セットあるんだろう??
タイヤ&ホイールって嵩張りますよね?この娘達の置き場も必要だなーと。 (隅に目線を移すと 積み上げられたタイヤさん達・・・。)  

タイヤ置き場を作ろう!

まずは構想(妄想?)もしてみよう。

そこで今回タイヤ置き場を作ってしまおう と思い立ったのであります!
置き方は断然横置き派のわたし。トレッド面は変形させたく無いのであります。
タイヤも14インチ5Jの155-55から6j、13インチの鉄ちん(てっちん)まで様々w

次に採寸してみる。

タイヤの高さ測ってみると55センチくらいあれば置き場になるかな?
3列としたら単純に165センチは必要。 間に枠入れるとすればもう少し長くなるかな?
180センチから190cmくらいかな? 高さはどうしようかなぁ。最低2mは欲しいかな。 幅が60~65cmだとすると・・・。
あまり高くすると倒れるのか??
地震による転倒も有り得るので安全性も大切ですよね。
暑いけど、早速行動してみるかー。 と言う事で 大き目なホームセンターへ移動。

ホームセンターで素材を物色

単管ならできるのかな。 そして単管とクランプ(止め具)などを購入。
ホームセンターの無料軽トラ便利だよなー。 最近、こういった長物購入時にはホント助かっています。

単管とはしご購入02 単管とはしご購入01

結構重いんですね。 腰痛もちのわたすは気をつけなきゃいけないんです。
横着して変な体勢で持つのが宜しくないです。
面倒でも しっかり腰を落として持つが基本 で自分自身にも安全ですね。 軽トラも返却後

早速、仮組みして様子見

こんな感じです。

単管仮組みと仮あわせ01

さて、金属の単管を切らなきゃーいけないんですよね。
ちょっと 周りをダンボールとかで養生しておいて

単管を必要な長さに切断

カットはこの工具が担当。 マキタ製のディスクグラインダーです。

マキタ製のグラインダーでカットします

個人的にmakita製品は使いやすくて好きです☆
金属切断用の砥石に付け替えて 油性ペンで ある程度? けがいて(目印の線を書いて)
サンダーでカットする

ギュイーーン と切っていきます。
もちろん 保護めがねも着用してくださいね。危ないので。
結構、削れた粉も火花と一緒に飛んできてw
こうやって 単管クランプで固定して、向き変えたりで 両手でグラインダー持つことが出来て比較的に安全作業出来ました。
単管をクランプで固定して切断とバリ削り 単管をクランプで固定して切断

さて、こちらが65cm程度に切られた短棒さん達。
高速カッターあればもっと楽でキレイに切れるんでしょうけど、 その工具は今のわたすにはオーバースペックな気がしたのと、予算的に無理でした。
切った単管

 

 

ベース部分の仮組み

こんな感じですかね?

タイヤ置き場のベース部分の仮組立て

これでタイヤが横置きで3列置けますね!
さて、タイヤはどうやって置いていこう??
そこ かなり重要な所かと思うのですが!?
あまり考えず動き出したこの企画w 完成まで行くのでしょうかww
本人も若干不安なのであります。(たぶん出来る筈です。)

 

今回はここまで。 長文読んで頂き有り難う御座いました。

懲りずに また次回に続きますm(_ _)m

ガレージの整理整頓から タイヤ置き場作り-その② はこちら

2015年8月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。