ミニカー コレクター × カートイワークス

Z31 偏愛物語 <後編>

 トミカ 特注 フェアレディZ 300ZX

カートイワークス&カートイズミーティングのコラボ企画  第九段「 Z31 偏愛物語」<後編>です。カートイズ担当氏による三代目 Z31だけに焦点を当てた今回のコラム、B級ミニカー・フェアレディZ好き必見です。後半もマニアックに行ってみましょう。
担当筆者のマニア度全開の<前編>も合わせて読むとZ31とB級ミニカーの世界にドップリとハマルことができますよ。

siku 300ZX

siku ニッサン 300ZX  Tバー ルーフ

ドイツ sikuの Z31は珍しい 2/2のTバー ルーフ仕様です。間延びした 2/2を Tバー ルーフが引き締めています。

siku ニッサン 300ZX  Tバー ルーフ   刻印

裏面には 170PS、225kmと sikuお約束の性能表記が入ります。170馬力でも220キロを超えたのかと嬉しくなります。

 

マジョレット

マジョレット ニッサン 300ZX   マジョレット ニッサン 300ZX

魔女の Z31は後期型の 2/2です。本コラム 第六弾にも出演していますが、3インチ Z31で唯一リトラが可動します。長年スーパーマーケットで売られていましたから、フリマで簡単に見つかります。

 

 コスモスのフェアレディ

コスモス フェアレディZ

本コラム「第四段 B級ミニカーアリ地獄」にも登場したカプセル玩具メーカー コスモスの 3インチ Z31です。派手なフェンダーを張り出して勇ましいですが、シールが無ければ Z31なのか特定困難です。

コスモス フェアレディZ

白いほうは筆者がリペイントしリアル化に挑戦しましたが、駄玩具の域を超えることは出来ませんでした。

 

ヤトミング  300ZX  ミニカーセット

ヤトミングのデラックスミニカーセット

ヤトミング  ミニカーセット  S130 Z31  トランポ  10台

B級ブランドの雄、ヤトミングの Z31はプロポーションが秀逸です。白いのは筆者カスタムです。大きなセットはヤトミングのデラックス ミニカーセットです。

ヤトミング  ミニカーセット  S130 Z31  トランポ  10台

8台の 3インチミニカーに Z31と S130Zが入っています。大きなトランスポーターとタンクローリーまで付属した豪華セットですが、無名ブランドのせいかリサイクルショップでのプライスは数百円でした。筆者はこうした B級ミニカーに出会えることが無上の喜びです。

 バリエーション豊富なジルメックスの300ZX

ジルメックス Z31 バリエーション

もう一方の B級ブランドの雄、ジルメックスからも Z31が大挙発売されていました。1980年代中盤はこれら B級ブランドが元気だった最後の時代で、下手に作っても他の車に見えない Z31は格好の題材だったと思います。

ジルメックス フェアレディZ  300ZX Z31 バリエーション

とはいえ、こちらもトミカに負けないプロポーションです。他にもメーカー不明ですがリトラを開けた状態のものやドア開閉できるものがあります。

 リアルX

 REAL-X  リアル X  フェアレディZ 300ZX Z31

ヨーデルがリアルXと称して展開していた 1/72の Z31は 3インチを凌駕するディティールでした。

REAL-X  リアル X  フェアレディZ 300ZX Z31

2000年代初頭はリアルXやホンウェルが 1/72ワールドを新たに切り開くかと思わせる勢いが有りましたが、 1/72スケール自体が怒涛の勢いでリリースされるコーヒーのオマケに飲み込まれて同化してしまい、価格下落してマーケットが成り立たなくなってしまいました。

 UCC 1/72スケールのオマケミニカー

UCC 缶コーヒー おまけ 1/72 300ZX フェアレディ

写真のリアルXに紛れた黒い後期型Tバールーフが UCCのオマケです。リアルXと同じ 1/72で出来栄えは甲乙付けがたいですが、こうした良質なオマケが乱発されたせいで 1/72はオマケのスケールという認識が出来上がってしまったような気がします。

ゲーセンプライズのフェアレディZ

プライズ系ミニカー  フェアレディZ コナミ・セガ  1/80スケール他

軟質樹脂ムクの Z31は輸出仕様の前期型ワイドフェンダーという希少なモデルですが、出所がセガのゲーセンタープライズだけに安物感は拭えず忘れ去られました。

プライズ系ミニカー  フェアレディZ コナミ・セガ  1/80スケール他 セガ ストラップ ミニカー  フェアレディZ

大きさは 1/80程度で西部警察のスーパーZを含めて歴代 Zが揃います。2000年代初頭はセガやコナミが模型界に進出しましたが、畑違いの戦場で苦戦したのち撤退して行きました。

 セガのストラップ

タカラ ウォッチQ プルバック ミニカー

前述のミニカーと同じミニカーに見えますが、セガの全長 2センチ程度の携帯ストラップです。こちらもゲーセンプライズとして流通していました。こちらも歴代Zが揃います。スケールは 1/100程度です。この Z31も輸出仕様の前期型ワイドフェンダーです。

タカラ  ウォッチQ

タカラ ウォッチQ プルバック ミニカー

少し不恰好な白い Z31はウォッチQと呼ばれるタカラのプルバックカーです。本来ならフロントウィンドゥからデジタル時計が見えるのですが、既に電池が絶えて久しく再びその液晶に時刻を刻むことは無いでしょう。大きさは 1/87程度で 5センチ程度のボディにプルバックゼンマイと電池と時計を押し込んだせいかメタボ気味です。

タカラとしては時計付きのチョロQ 多方面展開商品と位置づけていたようですが、このウォッチQを専用リストバンドに装着していた子供を見たことは有りません。青いほうはカップラーメンのオマケです。救いようが無いほどチープですがZ31に見えるところが奇跡です。

ハズブロのプルバックカー

ハズブロ プルバックカー 300ZX  Z31

今回はチョロQのようなディフォルメミニカーは扱いませんが、このハズブロのプルバックカーはギリギリの線でリアルモデルと見ましたので紹介します。大きさは約 6センチです。

ハズブロ プルバックカー 300ZX  Z31

シャシから連結バーが出ており、前後左右にプルバックカーを連結して遊べるように出来ていましたが筆者は連結バーを切り落としてしまいました。

京商の缶コーヒー オマケ

京商  1/100  歴代 フェアレディZ  缶コーヒーおまけ

全長 4センチ程度の極小 Zはコーヒーのオマケで京商が製作していました。1/100スケールの歴代 Zが揃いますが Z31も 3色リリースされていました。コンビニの飲料売り場でコーヒーを大量購入し、お目当ての車種が出たとか出ないとか一喜一憂した懐かしい時代の思い出です。

京商  1/100  歴代 フェアレディZ  缶コーヒーおまけ

当時は車種選択出来ないブラインドパッケージのオマケでしたが、シークレット欲しさに飲料を大量に買わせるのはバクチだと景品法で指摘され、近年はオマケを選べるようになりました。法律もたまには庶民の味方をしてくれるのですね。後方はほぼ同じ大きさのチョコエッグのオマケです。

 スーパーカー 消しゴム Z31

スーパーカー 消しゴム フェアレディZ  300ZX Z31もある

 1970年代終盤に一世風靡したスーパーカー消しゴムですが、1980年代に入ると廃れていきました。しかし1983年デビューのZ31にも消しゴムが複数存在しました。バリの海に沈んだような出来栄えですが、消しゴムが存在するのは嬉しいことです。右の白いのは筆者が木片から削り出し着色したオリジナルの Z31です。

バンダイ、ニッコーのトイラジ(RC)フェアレディZ

バンダイ トイラジ フェアレディZ 300ZX

 紹介アイテムがどんどん小さくなりましたが、この辺で大物を紹介しましょう。大きいほうはバンダイのツインターボ300ZXです。モーターを二個搭載し高速走行時は二個目のモーターが始動するというシーケンスをツインターボと称していました。大きさは 1/18で、このスケールに恵まれない Z31の希少なラジコンです。

バンダイ ラジコン フェアレディZ 300ZX  トイラジ

この金型ベースで特撮作品 「世界忍者戦ジライヤ」マシン、ブラックセイバーが発売されていました。番組終了時に投売りされていたのですが、ラジコン金型流用が許せなくて買いませんでした。今ではプレミアが付き筆者の後悔モデルのひとつとなっています。「買わずに後悔するより買って後悔しろ」とはカートイズミーティングのトミカ博士 K所長の名言ですがまさにその通りです。真ん中はフェンダーが派手なニッコーの 1/24ラジコンです。小さいのはバンダイの 1/32ラジコンです。

ビッグレーシングのスロットカー

ビッグレーシング Z31 IMSA仕様 ビッグレーシング Z31 IMSA仕様

リアスポイラーが欠品していますがビックレーシングの Z31です。大きさは 1/40程度です。IMSAを走った Z31だと思われます。思われますと書いたのはテールランプの形状からかろうじて Z31だろうと推測するしか無い程度の造形だからです。

AFX HOスロットカー

AFX スロットカー 300ZX IMSA  Z31

「第五弾スロットにハマリ抜け出せない」にも登場した AFXマグナカーの Z31です。3インチサイズのスロットカーです。

AFX スロットカー 300ZX IMSA  Z31

国内ではレースに縁が無かった Z31ですが IMSAでは活躍しました。張り出したフェンダーや派手なスポイラーが最高です。

 バンダイ マシンロボ & 変形ロボ

バンダイ マシンロボ  フェアレディZ

1980年代はマクロスや Zガンダムの影響で変形ロボットがプチブームを呼びました。この時代にデビューした Z31は幾多の変形ロボット トイの題材になりました。写真両端はバンダイのマシンロボとカーロボットです。内側二台はメーカー不明ですが、いずれも Z31からロボットに変形します。変形プロセスは大同小異ですが「その格好で歩けるのかよ?」と心配になります。

 

 トミカ ・ダンディ  フェアレディZ ターボC

Z31の Cカー?

Z31 カタログ フェアレディZ ターボC

Z31のカタログには Cカーが掲載されています。どこから見ても完全なプロトタイプレーシングカーですが、当事の日産はこれを強引にフェアレディZと名付けて走らせていました。この名前だけフェアレディZの Cカーはしっかりミニカー化されています。

トミカ ・ダンディ フェアレディZ ターボC

大きなミニカーはトミカ ダンディ、小さいほうはトミカです。

Hi-Story ハイストーリー  フェアレディZ 300ZX 1983

 Z31として紹介するには無理を感じますが、変り種のひとつとして掲載します。

ハイストーリー43 300ZX

Hi-Story ハイストーリー  フェアレディZ 300ZX 1983

チョロQのようなディフォルメモデルを含めるとまだまだ紹介しきれない Z31ですが今回は割愛しましょう。後半は B級チープ路線を突き進む筆者ですが、今回は最後にまともなハイストーリーの Z31を紹介します。

この白い 2 by 2はノーマルルーフこそがまさに筆者の愛車だった Z31に最も近いミニカーだからです。自分仕様にドンピシャな Z31をリリースしてくれたハイストーリーに感謝です。

 

青春の残像 Z31

担当筆者の愛車 300ZX

筆者は 20代の多感な独身時代をこの Z31で過ごしました。今は奥様と子供たちの家来と化し夢破れてくたびれたオジサンですが、 Z31に乗っていた青年時代の筆者は、このフェアレディZの中から未来を夢見ていたのです。それが今回のテーマに Z31が選ばれた理由です。Z31は筆者の青春と恋愛のアイコンなのです。

今では数千台を超えるミニカーの置き場に困る筆者ですが、この Z31のミニカーを探し始めた時期が筆者のコレクションのスタート地点です。皆様も愛車のミニカーからコレクションを始めてみて下さい。それは途方も無いコレクションの開始点かもしれませんが、それはきっと途方も無く楽しい道のりのスタートに違いありません。

担当筆者のマニア度全開の<前編>も合わせて読むとZ31とB級ミニカーの世界にドップリとハマれます。


カートイズミーティング  ×  カートイワークス  コラボ企画

第一弾 愛しのジャンクミニカー

第二弾    魅惑のキャラクターカー

第三弾    奇想天外ミニカーカスタム術

第四弾    B級ミニカー アリ地獄

第五弾    スロットにハマり抜け出せない

第六弾    ミニカーは可動するから面白い <前編>

第六弾    ミニカーは可動するから面白い <後編>

第七弾    市販車の姿をした怪物 シルエットフォーミュラ <前編>

第七弾    市販車の姿をした怪物 シルエットフォーミュラ <後編>

第八弾    あなたの知らない世界 ガルーブのマイクロマシン

 

カートイワークスのミニカー買取はこちらです。リストアップされていないミニカーも絶賛買取強化中です。お気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
カートイズミーティング ハママツ
静岡県浜松市で毎週水曜夜にミニカー談義に花を咲かせているコレクターさんの集まりです。CTWスタッフもおじゃまさせて頂いています。毎年恒例となっている「カートイズミーティング イン ハママツ」という即売会やショッピングモールでの遊べるミニカーイベントなども企画され、全ての世代に向けてミニカーホビーの楽しさを伝える活動を精力的に行っています。
カートイズミーティング ハママツ

最新記事 by カートイズミーティング ハママツ (全て見る)

    ミニカーの整理をお考えの方へ

    あなたの思い出、買い取ります。
    コレクションしていたミニカーを様々なご事情で手放すことになった時、思い出を預けられるお店はございますか?

    カートイワークスでは美品はもちろんのこと、傷あり・箱なしなど使用感のある「思い出の品物」の買取も心を込めて行っております。

    人気のトミカをはじめ京商・オートアート・PMAからBBR・MR等のこだわりの1点ものも、実車大好きなスタッフが迅速に査定します。

    ミニカーの売却でお困りの際は、カートイワークスまでお気軽にご相談ください。

    PAGE TOP

    LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

    お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。