2019年03月

静岡県富士宮市のお客様よりアオシマ ウインチジープ、ランクルをお譲りいただきました

静岡県富士宮市のお客様より、宅配買取にて万能ウインチジープシリーズ含めウインチ付プラモデル(アオシマ)を買取しました。 ありがとうございます。

今回のプラモデルは、付属の電動モーターでワイヤー代わりの糸を巻取る「ウインチ」機構を再現したものです。

現実でウインチを使う場面といえば、スタックした時の脱出が多いと思います。勿論再現できますが、せっかく作ったプラモデルを泥や雪にねじこむのは気が引けますよね。「ウインチを使う場面を再現する」というよりは、ウインチ機構を最大限に活かしてジオラマ世界を自由に走行することの楽しさを味わえるプラモデルになっています。

気になるラインナップは「万能ウインチジープシリーズ」の三菱ジープと、真ん中はランクルです。小さいながらにパワフルそうで、にじみ出る無骨さがいいですね~。

「え、三菱?ジープはJEEP社でランクルはトヨタでしょ?」と若い方は混乱してしまうかも知れませんが、当時こういった四駆車は総じてジープと呼ばれていました。現在はジープにはジープの商標権があるので、総称としては使用されなくなりましたね。

こちらは上が再販版です。中身はほとんど同じものですが、箱デザインの他にタイヤが異なります。

ホワイトレターが「SAND TIRES UNLIMITED」から「DESSERT DOG」へ。

それだけでなく、メーカーの特徴が分かるタイヤパターンへ変更されていますね。

なお、厳しい自然環境を再現したジオラマは付属していませんが、野生感覚溢れるオフロードマンのドライバーは付属しています。安心して無茶できますね。

とはいえこちらの地形、ウインチ機構で遊ぶのに理想的過ぎませんか?このジオラマも販売してほしいですよね。しかし、残念ながら全く同じものは販売されておらず、なかなかこういったオフロードジオラマの完成品は販売されていません。

鉄道模型・ジオラマ販売店にて岩・川・草木などの地形材料を購入して、理想の地形を自作するのも楽しいのでプラモと一緒に作ってみましょう。

なお、地形材料だとあまり気にする必要は無いかもしれませんが、日本で最も普及している鉄道模型のスケールはNゲージで縮尺1/148~160です。こちらのプラモデルは1/20なので、スケールが異なります。例えば鉄道模型用の橋をそのまま使おうとすると車幅が狭くて通れないなんてこともあり得ます。リアルさを追求する場合にはスケールにも注意しましょう。

カートイワークスではジャンル・種類問わずプラモデルの買取を行っております。最後に少しだけ触れた、鉄道模型・ジオラマも大歓迎です。引っ越しや趣味変えなど様々な事情により整理をお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。
詳しいミニカーの買い取り実績はこちら
LINEやメールでお送り頂ければ、無料でお見積り査定を致します。 LINE査定はこちらからメールフォームでのご相談はこちらから。 お気軽にご相談ご依頼下さい。お待ちしております。

広島県尾道市のお客様よりレジン・メタルキットをお譲りいただきました。

広島県尾道市のお客様より宅配買取にて、Model Factory HIRO製レジン・メタルキットを買取しました。フェラーリ各種やコブラ、ロータス49など様々な車種をお譲りいただきありがとうございます。

Model Factory HIRO様といえば、今年2019年3月6日に「1/20scale Fulldetail Kit : McLaren MP4/4」が発売されたばかりです。

アイルトン・セナが優勝したサンマリノ&カナダGPと、ドライバーズチャンピオンを決めた日本GPの2タイプで、レースごとのカスタムを忠実に再現されています。

未組立のマルチ素材キットです。この状態から段々と車になっていくわけですが、とにかくパーツが多く、そして、細かいです。本物の車とほとんど変わらない程に作り込まれたパーツの数々、作りがいがありますね~。

忠実に再現するもよし、好みのカラーリングにするもよし。自分色に染めちゃいましょう。

こちらのフェラーリ126C2のパーツの多くにホワイトメタルが使われており、プラスチックとは異なる良さがあります。重厚感と言いますか、パッと見て分かる高級感があります。

引用:http://www.modelfactoryhiro.com/new/archives/13279

今回の買取商品は未組立ですので、公式サイトより公開されている同モデルの組み立て画像を拝借させていただきました。組み立てていくとこんな感じになるらしいです。すごい…

組み立て方はこんな感じです。控えめに言って、玄人向きです。本当の車を組み立てるのとさほど変わりません。1から好きな車をつくれるなんてロマンがありますね。

Model Factory HIRO様は現存のメーカーですので、まだ購入することも出来ますが今回買取しました商品の中には既に生産が終了しているものもあります。

カートイワークスでは、国内外の新旧様々なレジン・メタルキットやプラモデルを買取り致します。

お引越しやお部屋の片付けなどで整理をお考えの際は、宅配買取出張買取を行っています。お気軽にご相談ください。
事前のお見積り、ご相談はフリーダイヤル:0120-329-101の他、メールラインでも承っております。

皆様からのご連絡、心よりお待ちしております。

神奈川県厚木市のお客様より1/87ミニカーを大量にお譲りいただきました。

神奈川県厚木市のお客様より、出張買取にて1/87ミニカーをお譲りいただきました。ありがとうございます。

1/87ミニカーが大好きなお客様で、WIKINGやAMW、BREKINAなど様々なメーカーの可愛らしいミニカーを大量にお譲りいただきました。

WIKING(ヴィーキング)は元々鉄道模型アクセサリーのメーカーでしたので、生産のほとんどは鉄道模型にピッタリな「1/87 スケール」。1950年代から自動車モデルを専門とするようになりました。

小さくても非常に細かな部分まで再現されていて、実物と変わらないほど精巧な作りです。運転席、バンパー、ホイール…どこをとっても本物の車のよう。エンブレムもしっかりベンツのものとわかります。

AMW Automodelle製Beetleをぱかっと開いた様子が可愛すぎます。

エンジンフードを開けてみると無骨なエンジンが積まれていました。シリンダー、シャフトすべてがリアル。今にも動き出しそうです。

AMWは、現在はトラックやコンテナモデルの販売がメインですので、乗用車モデルは貴重です。

WikingもAMWもドイツのメーカーだけあって仕事が細かいですね~。

こちらのBREKINAは「子供用玩具ではありません」とメーカー側が明言しています。動かしたりして楽しむものではなく造形美を楽しむミニカーということですね。

今回の買取商品の中には、カフェに置いて有りそうな、オシャレなワーゲンバスがずらり。ドイツにある実際のお店のものだったりとラッピングデザインもお洒落です。

可愛らしいミニカーコレクションを多数お譲りいただき、ありがとうございます。

 

カートイワークスではミニカーの買取を行っております。今回のように海外メーカはもちろん、日本、メーカーやスケールなど問わず行っています。まずはお気軽にご相談ください。
詳しいミニカーの買い取り実績はこちら
LINEやメールでお送り頂ければ、無料でお見積り査定を致します。 LINE査定はこちらからメールフォームでのご相談はこちらから。 お気軽にご相談ご依頼下さい。お待ちしております。

カートイワークスの過去の買取実績もぜひご確認ください。

 

カートイ通販 アイテム紹介 ~1/43ミニカー・トミカ~

イグニッションモデル 1/43 ダットサン 240Z #11 1971 サファリ

こんにちは、カートイワークス通販部でございます。

カートイ通販サイトは、グループ会社のBEEP通販サイト内にリニューアルオープンしています。ミニカー・プラモ/模型・ラジコンはじめ、各サークル様よりご提供頂きました同人誌 他 毎週新規アイテムを追加更新しています。

今回は、新追加の 1/43ミニカートミカから一部をご紹介。


イグニッションモデル 1/43 ダットサン 240Z #11 1971 サファリ

まずはトップ画像にもなっています

「イグニッションモデル 1/43 ダットサン 240Z #11 1971 サファリ」

です。精密再現に定評のイグニッションモデルの 1/43スケール。
43ということを忘れてしまうくらい細部まで造りこまれたボディは、是非コレクションに加えて欲しい1台です。

イグニッションモデル 1/43 ダットサン 240Z #11 1971 サファリ

実車は 日産が 1971年のサファリラリーに投入したダットサン 240Zでこのレースで優勝しています。
日産ワークスの鮮やかなオレンジと反射防止のマットブラックのボンネットが印象的です。また
たくさんのライトポットが、ナイトサファリを駆け抜ける過酷なラリーを表していますね。

この商品の購入はこちら 「イグニッションモデル 1/43 ダットサン 240Z #11 1971 サファリ」


イグニッションモデル 1/43 ダットサン 240Z #1 1973 サファリ

「イグニッションモデル 1/43 ダットサン 240Z #1 1973 サファリ」

こちらのモデルも登録しました。フェアレディZが好きな方には是非合わせて揃えていただきたい1台。
1973年のサファリラリー優勝車。

この商品の購入はこちら「イグニッションモデル 1/43 ダットサン 240Z #1 1973 サファリ」


ディズニー トミカ コレクション

ディズニー トミカ コレクション 続々登録中です。

ディズニーのキャラクター達をモチーフにしているラッピングカー。

ディズニー トミカ コレクション

今では公式の痛車といったら、ディズニーファンに怒られちゃうかな。

ディズニー トミカ コレクション

「スバル360 ミッキーマウス R」は実車でちょっと乗ってみたいデザインと担当スタッフのお気に入りです。

この商品の購入はこちら「ディズニートミカ スバル360 ミッキーマウス R」

 

ディズニー トミカ コレクション

「ホンダ シビックGL チップ&デール」街中で出会ったらインパクト大。可愛いーと思わず言ってしまいそうです。
そして、車好きに向けて狙ったのか偶然か「ホンダ シティ ターボII ダンボ R」のネーミングは旨いと思ってしまいました。

この商品の購入はこちら「ディズニートミカ ホンダ シビックGL チップ&デール」

 


ドリーム トミカ

ドリーム トミカ も続々登録しています。

アニメ・映画の劇中車・ポケモン等々バラエティに富んだラインナップの、ドリームトミカ。
こんな車もトミカになっているのかと見ていて楽しいシリーズです。

ドリーム トミカ

この商品の購入はこちら

「ドリーム トミカ 頭文字D AE86 トレノ」

「ポケモン トミカ P-01 ピカチュウカー」

「ドリーム トミカ ルパン三世 カリオストロの城」

 


今回は 1/43ミニカーとトミカをご紹介いたしました。

ご紹介したアイテム以外にも、ミニカー・トミカ、プラモ/模型・カタログ、同人誌などなど探していたアイテム、掘り出し物が見つかるかもしれませんよ~ 毎週随時アイテムを追加・ご紹介していきます。カートイ通販サイト、要チェックですよ。

ではまた、次回の通販アイテムのご紹介ブログでお会いしましょう!!

カートイワークス 春の新生活 お引越しお手伝いキャンペーン

カートイワークス 2019春の買取キャンペーン

今年も始めました。
カートイワークス春の買取キャンペーン!

今回のキャンペーンは、
アイテムの点数に応じて買取査定額UP!

カートイワークス 2019春の買取キャンペーン アップ比率


【期間】

3月9日(土曜日)  ~ 5月19日(日曜日)
の期間中にいただいた買取のご依頼。

【キャンペーン適応の条件】

買取金額が 2,000円以上となるご依頼。
対象品はカートイワークスで買取している商品、
いずれも未使用未開封の美品

対象ジャンル / 商品

・トミカ
・ミニカー
・プラモデル/模型
・ラジコン
・鉄道模型
・レゴ
・超合金
・フィギュア
・デアゴスティーニ他 分冊百科系コレクション

 

【適用外となる商品と状態】

・書籍、資料、カタログ
・デアゴスティーニ他 分冊百科の
        データファイル系冊子のみのシリーズ
・食玩、ガシャポン、景品、おまけ類

・欠品、破損のある商品
・商品に不具合のある商品
・外箱やパッケージの無い商品
・内袋などが開封してある商品
・版権の無い品、コピー商品

 

【その他のご注意点】

・同一商品は複数 5点までキャンペーン対象
・他のキャンペーンとの併用不可
・期間中、同一名義、1回のみ有効

ご不明な点は、お気軽にお問合せください。

【車漫画に負けてない】車が魅力的なおすすめ漫画3選

車好きの皆様であれば車漫画は人生のバイブルになっている方も多いでしょう。

私のバイブルもイニシャルD、湾岸ミッドナイト、よろしくメカドック、サーキットの狼など…あげるとキリがないほどです。レース、走り屋、ドライバー、特定の車種を取り上げている名作漫画は多数あり、発行から10年以上経っているものであっても若い世代に語り継がれています。

しかし、車メインのストーリーではない漫画でも、車の描写が魅力的な作品が多数あります。今回は個人的に影響を受けた漫画をご紹介します。

 

①逮捕しちゃうぞ/作者:藤島康介(講談社)

引用:https://www.ebookjapan.jp/ebj/7838/

作者:藤島康介先生がバイク・車好きで、twitterでもよく関連記事をリツイートされています。

婦人警官が主人公の、カーアクション・笑い・ロマンティック有りの警察漫画。

引用:https://www.ancar.jp/channel/images/17368

ドラテクの鬼・美幸さんが運転するミニパトは「初代HONDAトゥデイ」。みゆきさん自身がメンテナンス・改良を行っておりその姿はメカニックスーツの女神だと思いました。

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/423475/blog/22095507/

トゥデイは初期の時点で既に改造されていましたが(仕様も作中に出てきます)、最終的にはツインエンジン、ニトロ搭載、600ccで80馬力。ちなみにOVA版では700ccの100馬力超えです。しかし軽自動車ナンバーのまま

えぇ違法改造車です。とはいえ、作中ではそれは無理だよ~という改造ではなく、現実的な範囲内で行われており妙に親近感が湧きます。

今まで、ミニカーやプラモを眺めても見た目かっこいいな~、リアルだな~とかそんな感じだったのですが、逮捕しちゃうぞ仕様ミニパトチョロQを買った時に、開かないボンネットの中のエンジンとか中身のことまで気になってなんだかドキドキしてしまいました。こんなこと初めてでした。

印象的でリアルなメカニック、カーチェイスが楽しめる「逮捕しちゃうぞ」、ぜひ見てみてください。

②GUNSLINGER GIRL/相田裕(アスキー・メディアワークス)

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/4840222371

イタリアを舞台に国が人体改造して作った少女の戦士を率いてテロリストと戦うストーリーです。作中にグロい描写がありますので、苦手な方は注意です。

以前Twitterでもつぶやいたことがあるこちらの作品。舞台がイタリアということで、欧州車が頻繁に登場します。ベンツ、ポルシェ、アウディ、FIATなど

若干ネタバレになってしまいますが…車にまつわるストーリーが多数出てきます。

「メルセデスってのは女の子の名前だ」

「メルセデス ジュリエッタ アウローラ… 女の子はもうたくさんだ」※アウローラとは以前作中の人物ピーノが手をかけてトラウマになっている女の子の名前です。

当時私は車名の由来について知っていたものの車自体を女性として扱う感覚はありませんでした

ピーノは寝そべる車が女性なのか気にするようになりましたが、私もこれらのシーンを見てから女の子として扱うようになってしまいましたね~。

ひとつひとつのお話が胸に突き刺さる深い作品です。

③ドラゴンボール/鳥山明(集英社)

いわずもがな、戦闘狂達が強さを競う漫画です。

作中に出てくる乗り物は実際に存在しないものばかりで、現実にあったら乗りたいな~と。メカ絵の質感や細かな描写に心が踊ったのを覚えています。

たまに表紙で実車が登場しており、忠実に再現されていながらも鳥山明先生らしさのある描かれ方で先生の車愛を感じます

引用:http://blog.livedoor.jp/nekoatume222-doragonboru/archives/1037207874.html

好きな車といえばスポーツカー・スーパーカー・アメ車だった私に趣のある可愛らしい車を教えてくれました。そして、どこかおもちゃっぽい感じのイメージがあるドラゴンボールの乗り物は、私の根幹になっている気がします。

 

以上、3選をご紹介しました。

みなさんがミニカー・プラモデル・ラジコン・鉄道模型などを好きになったきっかけだったり影響を受けた作品はありますか?

今回挙げた作品の他にも、車が魅力的なマンガはたくさんあります。好きになった背景は人それぞれあると思いますが、一例として参考になれば幸いです。

 

カートイワークスでは皆様に影響を与えたミニカー・プラモデルの買取を行っています。

買取方法は宅配買取出張買取店頭買取を行っていますので、ご都合に合わせてお気軽にご相談ください。

LINE査定メールフォームからのご依頼、フリーダイヤル 0120-329-101 でも承っております。 皆様からのご依頼ご相談、心よりお待ちしております。

 

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付