【宅配買取】ライトウェイトスポーツコレクションを茨城県常陸太田市の方よりお譲りいただきました。

ライトウェイトスポーツコレクション

アオシマより発売された1/64スケールのミニカーで、軽自動車のスポーツラインがメインになっています。セカンドカーとして購入している方も多く、当店のRF丸山もカプチーノに乗っています。軽自動車で小回りが利きつつ道路を走る楽しさが直に感じられるという魅力があり、一度乗ってしまえばファンになってしまう魔力があります。

 

アオシマ 1/64 Honda BEAT


ホンダ ビート

ホンダより発売されたオープン2シーターの軽自動車で、良くも悪くも不自由を楽しめる大人の車。

不自由で実際に乗った人の感想は、椅子もペラペラで走れば軽トラと同様のエンジン音が聞こえてくる。そして近くのコンビニに行くにも8000回転を超えてしまうえにソフトトップの屋根の取り外しが凄まじく面倒だとのこと。それでも乗りたくなるの不思議な魅力を持つ車です。

ホンダ ビート

走行音がうるさすぎて助手席と会話が出来ないとの評価を受けたビートですが、エンジン音を含む走行音がBGMのようなもので走りそのものを楽しむには持って来いです。

イエローカラーの人気が高いのはフェラーリのデザインを手掛けたピニン・ファリーナの元デザイナーが担当しているので、イエローが似合うようデザインされているのかもしれません。

 

アオシマ 1/64 DAIHATSU Copen


”軽オープン”から「KOPEN」と名付けられた車でその後にcompactのCを取り『copen』になった経緯を持つ車です。

ミニカーになっているのはコペンのセロで、丸形ランプが特徴になっています。

ダイハツ コペン

先輩がコペンを買ったものの全く乗らずに「売っちゃえば」と皆から言われてもずっと手放さなかったというエピソードがあり、やはりコペンを含むライトウェイトスポーツカーには愛着が湧くという印象が強く残っています。

 

アオシマ 1/64 SUZUKI Cappuccino


カプチーノ

走行中に小石を踏めば空に舞うと言われる軽さが売りのカプチーノ。もちろんカプチーノオーナーも弊社にいますし「オープンカーのカローラ」と好評もいただいております。

カプチーノリア

驚異の64馬力を持つカプチーノは走りの楽しさをハンドル越だけではなく、タイヤやエンジンからもドライバーに伝えてくれます。これらの軽自動車オープンの魅力はハマってしまったら抜け出せない魔力のようなものがあるのでしょうね。

こちらのミニカーの題材となっているAZ-1、BEAT、Cappuccinoの頭文字を取り”平成のABCトリオ”と称されています。軽スポーツカーの地位を確立した立役者とも言えるでしょう。

1/64サイズのミニカーでも元々が小柄でカッコいいのであまり違和感なく飾っていられるところもポイントでしょうね。


カートイワークスでは1/64サイズも歓迎ですが、どんなミニカーの買取も積極的に行っております。

コレクション整理や引っ越しで持っていけない、などなど皆さまより多くのご相談を頂いております。

ミニカー整理でお困りの際はお気軽にご相談ください。

 

LINEでのご相談・査定はこちら

無料! 簡単! LINE査定

お気軽にご相談ください!

カートイワークス ミニカー 買取ご依頼フォーム

2021年4月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。