イベントカー|ミニパト仕様のアルトワークスの紹介。(2015あると祭Ver.)

こんにちは。カートイワークスの店長 ブー太郎と申しますm(_ _)m

先日の2015年05月04日(月)GW中に開催されました あると祭 ※1 に参加してきました!

このお祭りの為に製作しました、カートイワークスのイベント車両です。

RIMG0348b3

※1 あると祭(アルトサイ) とは毎年このゴールデンウィークの時期に開かれている アルトやアルトワークスが100台以上集まる 名前の通りアルトファンにとっては 夢の様な集まりです。

今回車両の準備期間は部品調達も入れますと3ヶ月以上掛かっており、本格的にモディファイ開始しましたのは、2015年の04月入ってからだったと記憶しております。

今回はその車両紹介をしたいと思います。

私自身も昔からクルマ弄りやドライブも好きでしたが、愛車に相性をつけて呼んでおります。

愛着が湧きますし、機械やクルマも生きていると未だに思う自分に、いつの日か何かしらの形で応えてくれるのではと、私の想いも一緒に搭載してあります。

さて、本題の車両紹介です。

愛称 【白あるとちゃん改  白/黒 ミニパトカー仕様のアルトワークス パトあるとちゃん】

ベース車両は 元々冬の通勤用に使用していました、 スズキ アルトワークス (SUZUKI ALTO WORKS) 平成7年式 前期型 グレードは ターボie/s

E-HB11S   5MT フルタイム4WD駆動のシングルカム F6A(657cc)エンジン搭載 白/シルバーツートン色の車両です。

白いボディ面積が多い比率。 白色ベースに ソリッドブラック塗装 と 艶有り黒色カッティングシートでボディメイクしてあります。

理由としましては、イベント後に全てカッティングを外し、何事も無かった様に元の白色に、再度戻す予定だったからです。

  DS2_7954b3-2

(上画像は、みん友さんの タクロイチさんに画像提供頂きました。有り難う御座います。)

フロント周りは 純正バンパーを黒色に塗装。

社外品のリップスポイラー(レーシングハマー製)もブラックに塗装。 ボンネット、フェンダー下部にかけて、カッティングシートにてラッピングしてあります。

RIMG0399b

リヤ周り 前期型バックドアが錆の為、後期のスズキスポーツリミテッドのハッチに事前交換。

純正リヤバンパーは黒色塗装。

リヤアンダースポイラー(こちらもレーシングハマー製)も同ブラックに塗装。

ウインドウにカッティング文字で 『あると祭  パトロール中!!  長野県軽・高速亀頭〝隊』 の遊び心も忘れずに入れてあります。

こちらのカッティング文字製作依頼はみん友さんでも仲良くさせて頂いています、 ミートJr.さんにお願い致しました。

有り難う御座いました。

因みに ↓ のブラウンメタリックカラーがミートJr.さん号です。GTカー風でカッコイイですね。

RIMG0398b-kai-c.jpg

フロントフェンダーから ドア からリヤアーチにかけても 下側に黒カッティング貼りにて、白/黒色のパンダカラーに施してあります。

左側には 『長野県 軽 察』 右側には 『軽 視庁』 (こちらは雨天の為やむを得ず貼りませんでした。)

共に 警察の 『警』 では無く 軽自動車の 『軽』 をあしらってパロディ向きに振ってあります。

ホイールは SSR 14インチ 6j オフセット+38 PCD100  4穴

タイヤはヨコハマ アドバン ネオバ 155-55-14  若干の引っ張り装着。

(イベント会場までの移動だけでは勿体無いですが、やはり リアリティを求めると市販ラジアルのハイグリップが良いのでは無いでしょうかw)

パトカーはやっぱり回転灯

パトライト社製の本物赤色回転灯をルーフに装着。 道路交通法の関係で会場にて脱着作業を致しました。

IMG_5337 パトライト動作チェック中

 パトライト社製のサイレンアンプユニット

サイレンアンプユニット搭載。 会場では光らせたりサイレン音は出しませんでした。

次回は各パーツや整備手順や苦労した箇所なども書いていきたいと思います。

今回の記事はこれまで。

あると祭 主催者様ならびに運営スタッフの皆様にも大変お世話になりました。 有難う御座いました。 皆様今後ともどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

◆関連の記事 ミニパトあるとちゃん (アルト・ワークスミーティング in 京都 2015 Ver.)

2015年5月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

LINE査定・買取 買取申し込みフォームはこちら 電話受付

お問い合わせ先、カートイワークス。ご来店の際は必ず事前ご予約をお願い致します。