タミヤ 1/24 ミノルタ スープラターボ Gr.A レーシング トムス買取強化中!

こんばんは、カートイワークスのブー太郎です。
今回はある車/模型/レースにスポットを当てたいと思います。

本日、ご紹介する自動車プラモデルはこちら

タミヤ 1/24 ミノルタ スープラターボ Gr.A レーシング トムス スポーツカーシリーズ№76

タミヤ 1/24 ミノルタ スープラターボ Gr.A レーシング トムスの上箱です。 タミヤ 1/24 ミノルタ スープラターボ Gr.A レーシング トムス箱の側面より

ミノルタカラーのTOMS Gr. A スープラ ターボ。

1987年から国内グループAレースに登場した、スープラターボ

 デビューレースで優勝。当時、トヨタも直接販売促進に繫がるグループAに注力していました。そのグループAスープラの中身はプロダクションモデル(量産型)と何が違うのか気になりますね。
今回は実際のレースのレギュレーション関連のお話をしたいと思います。

b 026_rs

グループAの規定は厳しい分面白さがある

 全てのレースはFIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)(当時、FISAと呼ばれていました。)のレギュレーションによってカテゴリーやマシン改造範囲も統一されています。
Gr.Aも1982年よりツーリングカーのグループ1と2に代わって決められました。
グループAは改造範囲制限の厳しいグループ1に近いカテゴリーです。規定が厳しいほど、よりベース車両のポテンシャルが大きく影響します。
各メーカーの販売促進にも直結していた為、各社、市販車の可能性をレースの中で追求していたのだと思います。
この厳しい条件(規定)の中で勝負するからこそ、グループAの面白みが出てきたのではないでしょうか。
ですので、スープラターボを知る上でこのGr.Aレースのレギュレーションを知る必要があると思います。

b 020_rs

・連続する12ヶ月に5,000台以上生産されていること。
・座席は4つ(4名乗車)以上必要。
・2ドアでもOKだが、2シーターはNG。
・車両の最低重量はエンジン排気量別に、 1000 cc から 5500 cc超まで12段階に分けられていました。
・ホイールのリム幅は11段階、燃料タンク容量も7段階と決められていました。

例: 
スープラ・ターボの場合、排気量 2954cc + ターボであり、1988年からはターボ係数も 1.7 に変わり、排気量 5021 cc となり、5,000~5,500 cc クラスとなった為、最低重量も 1325kg 以上から 1420 kg以上へアップ。
リム幅も12インチ以内、燃料タンクも120lとなっていました。

 公認車両をベースにレース車両へ改造することになりますが、エンジン、駆動系、サスペンション、ブレーキなど項目毎にも細かく段階設定があります。
・エンジン関連も、ボアアップは0.6mm以内、燃料供給装置もその形式を変えてはならない。
・排気系はターボ付きの場合にはターボチャージャーより後ろのアウトレットパイプからは変更可能。という事はエキゾーストマニホールドは変更不可。
・ターボチャージャーやウエイストゲートバルブ等の変更も不可となっている。ただし、調整でのブースト圧アップは可能。
・サスペンションは取り付け位置や形式変更は不可だが、公認部品によるアーム長さ、ゴムブッシュのピロボール化はOK。アームを長く、キャンバー等のアライメント調整も可能。
・タイヤ&ホイールは、リム幅も排気量別に決まっていてリム径も公認車両の 2割増減可能。車重が重い為、リム径もアップさせて大型のブレーキが入る用にする車種が多い。
・ブレーキは車重増加の為、大径ブレーキローターと大型キャリパーで制動力を稼いでいました。

b 023_rs b 024_rs

上記のように改造範囲がかなり制限されている グループA規定 では、改造度合いも低く設定される事になり、本来の市販車(ベース車両)の基本性能が重要になってくる訳であります。

 その中でも 大排気量車両グループAマシンでは当時はスープラ 3.0GTターボ・リミテッドはベースからポテンシャルが高い車両でした。

 

さて、模型製作用に資料も大切です。

エンジンルームやコックピットの資料もとても参考になります。

b 017_rs b 018_rs

私個人的にもなるべく再現したい派ですので、色や素材の状況等も多く知って、当時のレギュレーションも知った上で模型作りに反映させたいと常々思っております。

今回は、 トヨタモータースポーツ’88 極める 大型本 – 1988/5 ディースピード・インターナショナル (編集) の書籍より 引用と、再勉強させて頂きました。

 買取情報

 タミヤ 1/24 ミノルタ スープラターボ Gr.A レーシング トムス スポーツカーシリーズ№76 は

新品未組立品として 1,700円買取!
(※2016年03月上旬現在の価格です。)

 先日は、埼玉県所沢市のお客様より大量のプラモデル、ミニカーを買取させて頂きました。
有難う御座います。

その他にもこんなアイテムも買取大募集中です。

タミヤ  1/24 カストロール トヨタ  トムス スープラ GT   
タミヤ 1/24 トヨタ サード スープラ GT
タミヤ トヨタ スープラ 3.0GT ターボ 1/24
タミヤ スープラ ペースカー トヨタ 1/24
フジミ 1/24 ハイソカー スープラ 3.0 GT
フジミ 1/24 スープラ3.0GTターボA
タミヤ 1/24 ミノルタ トヨタ 88C

マルイ 1/24 トヨタ セリカ スープラ(セリカ XX)

1/24 スタジオ27 auセルモ スープラ JGTC 2001
スタジオ27 1/24 ZENTマツモトキヨシ スープラ JGTC01
STUDIO オ27 1/24 スープラ  ESSO JGTC 01 

STUDIO27 1/24 トヨタ 90CV ミノルタ LM '90 #36  
STUDIO27 1/24 トヨタ 89C-V ミノルタ LM24h '89 #36

スタジオ27  タミヤ用 1/24 トヨタ スープラ ミノルタ  デカールも買取募集中!

などなど もお見積り無料、買取も大歓迎です!

 
カートイワークスでは乗り物系の自動車のカーモデル、バイク、戦車、船、戦闘機などのプラモデルやレジン、メタルキット、ガレージキットなど模型まで幅広く対応しております。
大量の積みプラから不要になりました模型製作関連品まで買取大募集中です。
急なお引越し、早朝や深夜の時間帯でも大量出張ご対応させて頂きます。
お困りの際には、お気軽にお問い合わせください。

 

◆関連記事 スープラ 1/43エブロや京商 ミニカーも買取大歓迎   はこちら

2016年3月に投稿したカートイワークスの記事一覧

PAGE TOP

guidance電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら